ドクターズブログ

わきが 症例1 : まったく改善しなかった (2007年7月31日 20:42)

高い手術代を払ったのにまったく改善しなかった(25才 女性)

【主訴】

10才ころよりわきの臭いや汗が多いことで悩んでいました。父親もワキガですのでおそらく遺伝したのだと思います。手術を受けるのは大変勇気がいりましたが、ワキガの書籍も出版している某クリニックでの治療を決めたのです。本を執筆するくらいですから評判も良い、優れたクリニックと思い込んでいました。
手術法は吸引法といって、ほんの2ミリ程度の傷口から細いカニューレを挿入するだけでほんの10分程で手術が完了するとのうたい文句でした。手術後の通院もいらず、包帯も必要なしとのことでした。
手術歩1ヶ月程度は確かに臭いや汗の出も減少したように感じました。しかし、2ヶ月もすると、全く元に戻ってしまった感じです。手術したクリニックでは以前より数段改善していると言い張っていましたが、けっして改善しているとは考えられません。
しかし、せっかく治療の決心がついたのに、これ以上治療はできないのでしょうか?

【回答】

これはよく耳にする苦情です。吸引法は確かにワキガの治療法として紹介されています。しかしながら、効果が高いという方法ではありません。手術自体はじつに簡単でトラブルも無いのですが、残念ながら患者様の満足も無いように感じます。
ただし、再手術はいくらでも可能です。傷跡を気にしないなら、剪除法という古来からの手術法がありますが、わたしが一押しにしている方法が超音波メス(キューサー)法です。さすがに吸引法のように小さな傷口1ヶ所というわけにはまいりませんが、剪除法に比べればずっと目立たない傷口で手術ができます。さらに剪除法にくらべると倍に近い範囲のアポクリン汗腺やエクリン汗腺の除去が可能なのです。ただし、4〜5日程度軽い包帯処置は必要です。

酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから