ドクターズブログ

2009年10月アーカイブ

タイプ別脂肪撃退法

注射をするだけで簡単に脂肪が減らせる・・・うれしいですよね。
しかし、脂肪融解注射はすべての方にお勧めできる治療法ではありません。
部分的な痩身を希望する方のみに効果のある方法なのです。
次の様な症候の方には、異なった治療法を選ぶべきでしょう。

★ メタボリック症候群
(内臓脂肪型肥満に加え、高血圧や高血糖、脂質の異常を合わせ持つ症状)
限局的な皮下脂肪の減少では、心筋梗塞や脳卒中等の疾病の危険性を低下させる事はできません。運動療法、食餌療法、内服やサプリメント治療による体質改善が大切です。

★ 肥満体形で全身を痩せさせたい方 
大幅なサイズダウンは薬剤の許容量的にも無理がありますし、実際的にも大きな変化には効果の限界があるようです。このような方は、まず、食餌療法等を成功させた上で脂肪吸引がお勧めです。

脂肪融解注射治療は、具体的に次のような方に有効です。

● 標準体形だけれども部分的に皮下脂肪を減少させたいと思っている方
(下腹部、側腹部、太ももの内側、膝周り、二の腕のたるみ等、身体の小範囲に限って多少の効果を希望する方)
さわると暖かい所や柔らかいところは効果がでやすい傾向にあります。逆に硬く冷たい所は効果が出にくい所です。このような場所では代謝が悪い為、回数を多くする必要があります。CETを併用したりして代謝を高めるようにします。

● 頬のたるみ、二重あご等、顔面の皮下脂肪が気になる方
この部位では血流が豊富で代謝が良いため脂肪融解注射治療の効果がでやすい所です。しかし、内出血や腫れも目立つ為ためCETとの併用がお勧めになります。



酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから