ドクターズブログ

他院美容クリニックで美容外科手術で口元に目立つ傷痕が残りました (2015年7月 4日 16:41)

Q) 他院美容クリニックで美容外科の手術を受けました。
残念ながら私の希望は叶えられなかったばかりでなく、目立ってしまう傷跡が口元に残りました。
ヒアルロン酸注射、ケナコルト注射、フラクショナルレーザー等を勧められ、かなり高価な治療費を取られましたが、まったく改善しませんでした。
私のような患者に対して、酒井形成外科ではどのような治療法を勧めていただけるのでしょうか。

A) 美容外科の手術でおこった瘢痕も、怪我による傷跡もなんら変わることはありません。その修正においては、形成外科では基本的に瘢痕部の切除と形成外科的縫合で対処します。陥凹がひどい場合などでは脂肪組織の移植や真皮の移植をおこなったり、どうしても皮膚が不足したりする場合は、皮弁形成という周囲皮膚の移動技術を駆使する場合もあります。
いずれ、手術以外のレーザー治療や外用薬治療はあくまで補助的存在で、それらの治療そのものではあまり改善は見込めません。
まず、形成外科専門医の資格を持つ美容外科医師のもとで診察を受けてみて下さい。

酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから