ドクターズブログ

にきび治療の新薬「ベピオゲル」 〜ディフェリンゲルとの併用 (2016年1月 5日 17:57)

ベピオゲル.png

 ベピオゲルは2015年の4月1日より健康保険適応となった薬です。国外では1960年代からからにきび治療のスタンダード薬として使用されていましたがやっと国内でも健康保険で使用できるようになりました。これで日本のにきび治療もディフェリンゲルと合わせて世界基準のものとなったのではないでしょうか。

 ベピオゲルは過酸化ベンゾイルによる強力な殺菌作用と角質層剥離作用によってにきびを治療していきます。また今まで耐性菌の報告がありません。副作用としては多少の赤剝けやピリピリ感などがありますが、ディフェリンゲルよりはマイルドな印象です。

 また、ディフェリンゲルとベピオゲルを併用することで、今までよりもにきび治療の効果を実感している方もたくさんいらっしゃいます。下のグラフを見るとAdapalene+BPO(ディフェリンゲル+ベピオゲル)の併用治療が最強のようです。にきび治療でなかなか結果が出なくて苦労している方は一度試してはいかがでしょうか。

ベピオゲル_グラフ.png「A North American Study of Adapalene-Benzoyl Peroxide Combination Gel in the Treatment of Acne 」Cutis.2009;84:110-116

その他治りにくいにきびは酒井形成外科までご相談ください。
美容皮膚科的治療もあります。
http://biyou-hifuka-jp.com/syoujyou/nikibi.html

酒井形成外科医師 呂秀彦

酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから