ドクターズブログ

その他・形成外科の最近のブログ記事

ゴキブリが顔についてるよ

20284050_ml.jpgその少年の頬にほくろがありました。
1かける2センチの漆黒のやや隆起する楕円形。数本の剛毛が生えており、からかいの的になっていました。

今から遡ること30年以上はるか昔、私が幼き時でありました。彼は同級生でした。
ほくろの治療など知りませんでした。


「形成外科」などという診療科の存在も知る由も無かったです。
本人や家族も、治療手段の存在を知らなかったかもしれません。
担任の先生も知らなかったかもしれません。


そのくらい「形成外科」というのは認知度が低いのです。
しかし、その当時には「形成外科」はあったのです。
でもみんな、その存在を知らなかったのです。


なんと罪なことでしょう。
見た目問題に対する社会の意識が低かったのです。
そして何より医療者の意識が乏しかったのです。


なんという残酷な言葉。
「子供」というのは歯に衣着せぬ、率直な感想をぶつけてきます。
こどもの心に深い傷あとを残したことでしょう。


多感な思春期を見た目問題を抱えて過ごすこと。
その姿で一生を全うするということ。


そのハンディキャップたるや致命的な悪性疾患(がんなど)に引けを取らない苦悩があります。


形成外科プレゼンス(=形成外科の存在)が皆に伝わることが求められます。


あなたに形成外科という診療科が存在することを伝えたい。
そういう思いで個人ブログを発信しています。「まぶたのお医者さん(http://manabuta.jp/)


酒井形成外科非常勤 まぶたに特化した形成外科専門医 金沢雄一郎
あなたに形成外科という診療科が存在することを伝えたい。そういう思いで個人ブログを発信しています。「まぶたのお医者さん(http://manabuta.jp/)

酒井形成外科非常勤 まぶたに特化した形成外科専門医 金沢雄一郎



鼻先の触り心地と鼻の形からまだプロテーゼが残っているのではないかと、どうしても気になってしょうがありません

【主訴】
10数年程前に、鼻にL型プロテーゼを入れる隆鼻術を美容外科で受けましたが、鼻先がどうも気になるので4年程前にプロテーゼを除去しました。
今でも、時々鼻先を触ってみますが、鼻先の触り心地と鼻の形からまだプロテーゼが残っているのではないかと、どうしても気になってしょうがありません。

鼻先のプロテーゼが残っているかどうかはどのように判断できますか。また、鼻先だけプロテーゼが残っているようなのですが、この場合残っている鼻プロテーゼを取っていただくことはできますでしょうか?

【回答】
プロテーゼ除去をする際、完全に切除されたか確認をしますのでまず、残存している可能性は少ないと思います。
どうしても気になるのなら、CTスキャニングをすれば判明します。触って違和感があるとしたら、それは瘢痕(傷跡)の硬さだと思います。時にプロテーゼによって変形した御自分の軟骨が触れる場合もあります。
もし、プロテーゼが残存しているとすればそれは切除できます。
もし、違和感が瘢痕であるとしたら4年も経過していることから自然に放置してこれ以上改善することは無いかも知れません。どうしても気になるようなら、瘢痕切除に耳介軟骨移植という複雑な美容外科の手術が必要な場合もあります。



酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから