酒井形成外科 診察予約

 

脂肪注入・高濃度脂肪注入

脂肪注入とは、自分の体から摘出した脂肪細胞を、お顔の膨らませたい箇所へ注入を行います。
皮下組織の多い部位(お腹、ふともも等)から脂肪を吸引し、注射器を用いて注入を行う美容外科の手術です。お顔がふっくらすることでエイジングケア(若返り効果)を得ることもできます。

脂肪注入・高濃度脂肪注入の概要

美容外科や形成外科の大切な技術に、組織移植があります。皮膚移植、真皮脂肪移植、軟骨移植、骨移植、筋膜移植そして脂肪移植(脂肪注入)が挙げられます。
自分の体から摘出した脂肪細胞は、5時間以内ならそれを自分の膨らましたい箇所に注入移植できます。移植された脂肪細胞はそこである程度生着します。ただし、その定着率は20%程度です。
皮下脂肪の中にもわずかですが幹細胞(今後いろいろな細胞へ分化する事が可能な細胞)が含まれることが分かってきました。この脂肪幹細胞を濃縮することで、脂肪注入の効果や定着率を上げる技術がでてきました。これが高濃度脂肪注入(Concentrated Lipo Injection : コンセントレーテッド リポ インジェクション)といわれるものです。

頬への脂肪注入の様子

頬への脂肪注入の様子


脂肪注入では、まずご自分の体から脂肪吸引法により脂肪を摘出します。その後、脂肪移植は注射をする方法で注入していきます。

高濃度脂肪注入の場合には、摘出した脂肪を厳選するのに遠心分離を行い、その後脂肪移植を行います。

脂肪移植の技術は、他にも脊髄の手術の際の神経の保護に利用されたり、尿道周囲に移植したり、他の手術治療にも活躍している手技です。
お顔の皮下脂肪等が減少して凹凸感が気になったり、頬やこめかみがげっそりした感じを矯正したい場合は、脂肪注入・高濃度脂肪注入もよい適応になります。

脂肪注入・高濃度脂肪注入が応用できる場所

脂肪注入・高濃度脂肪注入が応用できる場所の模式図

脂肪注入・高濃度脂肪注入の欠点と利点

脂肪注入・高濃度脂肪注入のメリット

脂肪注入・高濃度脂肪注入のメリットは、自分自身の組織を使うため免疫反応は起きません。また、多量の脂肪注入の場合は価格的にもかなりリーズナブルです。
コラーゲンやヒアルロン酸注入と異なり、必ず一部が自分の組織として残り定着します。
脂肪移植は、技術的には難しいのですが、手術自体は脂肪の摘出と注射器による注入で行えます。
さらに高濃度脂肪注入では、定着率や注入する脂肪の質が向上します。

脂肪注入・高濃度脂肪注入のデメリット

脂肪注入・高濃度脂肪注入のデメリットは、脂肪定着まで数回の手術が必要なことです。

脂肪注入・高濃度脂肪注入の手術時間と術後の経過

脂肪注入・高濃度脂肪注入に使用する自家脂肪の採取は、概ね大腿部、臀部、腹部のいずれか一カ所を選択して単純脂肪吸引で行います。
脂肪の採取(脂肪吸引)に20分程度、脂肪の選別と洗浄に15分程度が必要です。

単純な脂肪注入の場合は、採取した脂肪を必要な箇所に注射するだけです。

高濃度脂肪注入の場合は、洗浄した脂肪を遠心分離して幹細胞が多量に含まれる重めの脂肪だけを取り出します。その後、注射で必要な箇所に幹細胞が多量に含まれる重めの脂肪(高濃度脂肪)を注入していきます。遠心分離とその後の取り出し(生成)に概ね30分が必要です。
脂肪注入部は局所麻酔を行います。
脂肪注入では、注入部位がやや腫れます。また、脂肪注入のため若干内出血が起こりますが、これらは約2週間程度でほぼ落ち着きます。その後、注入した脂肪は徐々に吸収されていきます。

脂肪注入・高濃度脂肪注入のアフターフォロー

脂肪注入・高濃度脂肪注入に使用する脂肪採取部位は、手術直後に包帯で圧迫をします。
翌日からはガードルやサポーター等で1週間程度は圧迫します。
抜糸は通常はありません。シャワー浴やシャンプー洗顔は、翌日から可能です。全身入浴は、術後4〜5日から可能です。
脂肪注入部位は一時的に膨らんだり凸凹感がありますが、2週間程度でかなり馴染んできます。

注入した脂肪の定着率は、通常の脂肪注入で20%程度です。また、高濃度脂肪注入でも30〜40%程度と推察されています。したがって満足できる結果がでるまでは、ある程度の間隔を空けながら、多数回の脂肪注入が必要となります。

脂肪注入・高濃度脂肪注入の詳細情報

施術時間 単純脂肪注入の場合、30分〜45分
高濃度脂肪注入の場合、60分〜75分
施術後の通院 初回のみ翌日チェック。7〜10日後に抜糸。1〜2ヶ月後状態観察
腫れについて 脂肪採取部位、脂肪注入部位の内出血様変化や腫れは2週間程度で改善
カウンセリング当日治療 基本的に不可。感染症の血液検査結果があれば可能
入院の必要性 不要
麻酔 局所麻酔

リスク(合併症・副作用 等)

感染
細菌やウイルス等による炎症。
血腫
術後、皮下や臓器からの出血が起こり、血液が貯留することです。
出血
術後やや多い量の出血を見ることです。
内出血
術後概ね起こる皮下の血液の組織への浸透で、自然に吸収されます。
瘢痕(創跡)
全ての皮膚切開創は、多少の傷跡が残ります。肌質的に目立つ人もいます。
肥厚性瘢痕(ケロイド)
傷跡の中でも、膨らみや硬さが強いものです。原因は、遺伝性のため術前には防御することができません。ただし、治療法がございます。
色素沈着
瘢痕の一つですが、色素(メラニン)の沈着が主な原因です。
アレルギー
薬剤が原因のものが多いのですが、金属やテープ等でも発症することがあります。
予定形態との差
なるべく患者さまの意見はとりいれるようにしますが、完全な表現は無理がある場合があります。
微妙な左右不対称
人間の体は左右不対称であるため、手術後にも左右不対称は起こりえます。

脂肪壊死による貯留

凹凸感

皮下の硬結

脂肪吸引部の凹み感、凹凸

脂肪注入・高濃度脂肪注入の手術費用

項目 金額
(消費税別)
脂肪注入(高濃度)1回あたり 30万円
上眼瞼のみの脂肪注入 1回 15万円
下眼瞼のみの脂肪注入 1回 15万円
美容的要素のあるものは自費になります。

脂肪注入・高濃度脂肪注入の実際

脂肪注入・高濃度脂肪注入の手術のポイント

  • 脂肪注入では一カ所に多量に注入せず、少量ずつ他個所に注入する
  • ある程度の結果が出るためには、多数回の施術が必要なことをお知らせする
  • できるだけ高濃度脂肪注入を利用する

脂肪吸引

注入する脂肪を取り出すため、まず脂肪吸引を行い脂肪を採取します。

採取部位(ドナーサイト)は、概ね大腿部が優良候補です。脂肪吸引の際にはチュームセントという、麻酔薬や生理食塩水を混入した薬液を採取部位に多量に注入します。
そのため、脂肪吸引では殆ど痛みはありません。

大腿部より脂肪吸引で脂肪を採取

大腿部より脂肪吸引で脂肪を採取


生理食塩水で採取脂肪を洗浄

採取した脂肪は生理食塩水で洗浄し、まず、大きな不純細胞を除去し、続いて血液成分やチュームセントを脂肪組織と選別します。

採取した脂肪を生理食塩水で洗浄

採取した脂肪を生理食塩水で洗浄していきます。

血液成分やチュームセントを脂肪組織と選別

血液成分やチュームセントを脂肪組織と選別していきます。


採取脂肪を遠心分離【高濃度脂肪注入の場合】

遠心分離用容器へ脂肪を入れているところ

① 遠心分離用容器へ採取した脂肪を入れていきます。

遠心分離用容器に脂肪入れたところ

② 遠心分離用容器に採取した脂肪入れたところです。


遠心分離器へセット

③ 遠心分離器へセットしています。

遠心分離を行う

④ 採取した脂肪の遠心分離を行っています。


脂肪を分離する【高濃度脂肪注入の場合】

遠心分離後の様子

⑤ 遠心分離後の脂肪の様子です。容器の下部に液体が、上部に脂肪が分離しています。

遠心分離後の様子

⑥ 遠心分離機に入れた容器を全て取り出したところです。


優良な脂肪のみを選別【高濃度脂肪注入の場合】

底面の液体を吸い取り、上層の軽い脂肪層を除去し、重い優良な脂肪のみを選別し脂肪幹細胞の豊富な高濃度脂肪を作成します。

底面の液体を吸い取ります

底面の液体を吸い取ります

脂肪注入する注射器に高濃度脂肪がセットされました

脂肪注入する注射器に高濃度脂肪がセットされました


脂肪注入

やや太めの注射針で脂肪を注入していきます。
脂肪注入前に局所麻酔をします。 施術に際しては多方向・多層に脂肪を少量づつ注入します。

局所麻酔の後、脂肪注入していきます

局所麻酔の後、脂肪注入していきます

多方向・多層に脂肪注入していきます

多方向・多層に脂肪注入していきます