酒井形成外科 診察予約

 

くちびるを薄くする

くちびるを薄くする手術の概要

くちびるの粘膜には内側(口腔内)と外側があり中心に境があります。くちびるを薄くする手術では、この境の線を乱さないように粘膜と粘膜下組織を適量切除します。形成外科的縫合(ほうごう)をきちんと行うことで、唇の傷痕は殆ど分からなくなります。

くちびるを薄くする手術の欠点と利点

くちびるを薄くするのメリット

くちびるを薄くする手術のメリットは、専門医がきちんとしたデザインで手術をしますので、形態的にも極めて良い結果が出せます。

くちびるを薄くするのデメリット

くちびるを薄くする手術のデメリットとして、くちびるを十分薄くしようとして大きく切除しすぎると、上下のくちびるが閉じなくなる恐れがあります。やり過ぎには注意が必要です。
また、くちびるの組織を切除しすぎると、感覚が麻痺することもあります。

術後経過とアフターフォロー

くちびるを薄くする手術の抜糸は、術後10日目に行います。
くちびるの腫れは2週間程度でかなり落ち着きますが、傷痕の硬さと赤黒さは2ヶ月ほど残ります。術後3〜4ヶ月で傷痕は殆ど分からなくなります。
洗顔や洗髪は、手術の翌日から可能です。お化粧は、くちびる以外は可能です。

くちびるを薄くする手術の詳細情報

施術時間 30分〜1時間程度
施術後の通院 翌日傷のチェック。10日目抜糸。1ヶ月目と3ヶ月目にデザインチェック
腫れについて 2週間程度でかなり落ち着くが、傷痕の硬さの回復に要2ヶ月
カウンセリング当日治療 基本的に不可。感染症の血液検査結果があれば可能
入院の必要性 不要
麻酔 局所麻酔

リスク(合併症・副作用 等)

感染
細菌やウイルス等による炎症。
血腫
術後、皮下や臓器からの出血が起こり、血液が貯留することです。
出血
術後やや多い量の出血を見ることです。
内出血
術後概ね起こる皮下の血液の組織への浸透で、自然に吸収されます。
瘢痕(創跡)
全ての皮膚切開創は、多少の傷跡が残ります。肌質的に目立つ人もいます。
肥厚性瘢痕(ケロイド)
傷跡の中でも、膨らみや硬さが強いものです。原因は、遺伝性のため術前には防御することができません。ただし、治療法がございます。
色素沈着
瘢痕の一つですが、色素(メラニン)の沈着が主な原因です。
アレルギー
薬剤が原因のものが多いのですが、金属やテープ等でも発症することがあります。
予定形態との差
なるべく患者さまの意見はとりいれるようにしますが、完全な表現は無理がある場合があります。
微妙な左右不対称
人間の体は左右不対称であるため、手術後にも左右不対称は起こりえます。

口唇の感覚障害

口唇の凹凸感

くちびるを薄くするの手術費用

項目 金額
(消費税別)
上唇を薄くする 30万円
下唇を薄くする 25万円
上下口唇を同時に薄くする 50万円
美容的要素のあるものは自費になります。

くちびるを薄くする手術の実際

くちびるを薄くする手術のポイント

  • 使用する糸は、組織縫合(中縫い)には吸収糸、粘膜縫合(外縫い)には非吸収糸を使う
  • あくまで組織の取り過ぎには十分注意をする
  • 上くちびるでは上唇結節(くちびる中心の高まり)をデザインする
  • くちびるの内外の境の線を乱さない様に注意する

くちびるを薄くする手術の術前

くちびるを薄くする手術の術前症例

術前

くちびるを薄くする手術のデザイン

くちびるを薄くする手術のデザイン

くちびるの組織の切除量をやや多めにし、手術効果を高めた例です。

くちびるを薄くする手術の手術直後

くちびるを薄くする手術の手術直後に正面から見た様子

手術直後の正面

くちびるを薄くする手術の手術直後に下から見た様子

手術直後に下から



くちびるの手術後の腫れは、術後1週間程度は大きく唇が腫れますが、2週間程度でかなり改善します。
傷痕の硬さは2〜3か月くらい続きますが、それが過ぎると、もとの柔らかさを取り戻すとともに、縫合痕は分からなくなるほど綺麗に仕上がります。

上口唇結節を含めたデザインによる手術と切除された組織

切除された組織


くちびるを薄くする手術の術後

くちびるを薄くする手術の術後症例

術後