美容外科 あご・えら・ほほ・ひたい(顔の輪郭) :: 美容整形で開院17年の酒井形成外科

美容外科 :: 美容外科の各手術 :: あご(輪郭) :: 頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り)
美容外科の各手術  

頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り)

フェーズ3
頬が高い、顔の横が張っている、またはゴツゴツしたフェイスラインをすっきりした曲線にしたい、平たい顔の横方向に小顔になりたい方にはお勧めできる美容外科の美容整形手術です。

頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り)手術の特長

頬骨・頬骨弓削りは、口腔内の小さな切開から頬骨を削り、耳のわきの小さな切開から頬骨弓を削る方法です。専用のオシュレーターという特殊電動骨削り器を使用し、全身麻酔下で安全かつ比較的簡単に進めます。

頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り)の実際

頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り)の症例

症例1 頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り)

頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り) 術前写真
頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り)術後写真
頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り) 術前 頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り) 術後

頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り)の他の症例

頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り)の利点と欠点

頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り)の利点

頬骨・頬骨弓削りのメリットは、頬が張って気になる方には、この治療しかありえませんが、以前行っていた外側よりの進入(目の下の切開)に比べ外面の傷痕も小さく安全になったことです。

頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り)の欠点

頬骨・頬骨弓削りのデメリットとしては、高価な手術道具と内視鏡設備、全身麻酔設備、入院設備が必要なため、お手軽というわけにはいきません。また、3〜 4日間は包帯を巻いた状態で生活を余儀なくされます。腫れも3週間程度は我慢が必要です。
頬骨を削ると、ほほの肉が弛むことが有ります。この場合十分腫れが退いたあと、顔面側面のフェイスリフトで改善します。

頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り)の術後経過とアフターフォロー

術後4〜5日間圧迫包帯が必要です。唇の腫れは1週間程度になります。頬や横顔の部分の腫れは約3週間で落ち着きますが、完全に柔らかくなるのには約2ヶ月かかります。
包帯除去後、洗顔や洗髪が可能です。食事は柔らかいものをしばらく選んでください。軽い歯磨きも可能です。

頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り)の手術費用(価格)

項目 金額
(消費税別)
頬骨削り 80万円
頬骨弓削り 65万円
頬骨・頬骨弓削り同時手術 110万円
頬骨・頬骨弓削り手術に伴う「顔の弛み矯正」側面フェイスリフト
ただしこの手術は頬骨の手術と同時にはできません
50万円

頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り)の手術詳細情報

施術時間 約3時間程度
施術後の通院 4〜5日後に包帯除去。耳の小さな傷7日目抜糸。2週間目と2ヶ月目に状態チェック。
腫れについて 唇の腫れは約7日間。頬や横顔の部分の腫れは約3週間だが、完全に柔らかくなるのに約2ヶ月。
カウンセリング当日治療 不可
入院の必要性 必要
麻酔 全身麻酔
酒井形成外科 美容外科の診察予約 美容外科の手術についてメールで無料相談が受けられます
次のページでは [頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り)の概要]をご紹介します
美容外科の各手術 頬の骨を削る(頬骨・頬骨弓削り)の概要のページ
ポイントカードで更にお得に!! 酒井形成外科トピックス
ポイントとは…
酒井形成外科では、レーザー脱毛・フォトRF・ピーリングでポイントサービスをはじめました。ポイントを使うとさらにお得になります。
詳しくはスタッフまでお問い合わせください。
美容皮膚科サイトには、酒井形成外科トピックスを掲載しております。
評判の美容皮膚科の治療法などをご紹介しております。是非ご覧ください。

診察予約 美容外科