酒井形成外科 診察予約

 

血行を考えた乳頭縮小術(乳首を小さくしたい)

乳頭縮小術の概要

出産後赤ちゃんにお乳を吸われ乳頭(乳首)が垂れ下がるように変形してしまうこともあります

乳頭縮小術は、大きな乳頭を小さく形成する手術です。
もともと乳頭が大きく悩んでいる方や、出産後赤ちゃんにお乳を吸われ乳頭(乳首)が垂れ下がるように変形してしまうなどのお悩みがある方に、この乳頭縮小術を行います。


乳頭縮小術の欠点と利点

乳頭縮小術のメリット

乳頭縮小術のメリットは、乳頭が小さくなることです。

乳頭縮小術のデメリット

乳頭縮小術のデメリットは、乳管や血行の温存のため手術が難しい事があげられます。

乳頭縮小術のアフターフォロー

血行を考えた乳頭縮小術(乳首を小さくする)手術は、局所麻酔で行います。手術時間は、1時間程度です。
最も注意をするのが血行です。手術翌日にチェックをします。
問題が無ければシャワー浴は可能です。自分で消毒処置も簡単にできます。
乳頭縮小での抜糸は、術後10〜14日に行います。
傷痕は、2〜3ヶ月はやや硬く感じますが、術後4〜6ヶ月で落ち着きます。

乳頭縮小術の詳細情報

施術時間 1〜2時間
施術後の通院 手術翌日にチェック。術後10〜14日で抜糸。1ヶ月後に術後の経過チェック
腫れについて 2週間程度は腫れがあります
カウンセリング当日治療 基本的に不可。感染症の血液検査結果があれば可能
入院の必要性 不要
麻酔 局所麻酔

リスク(合併症・副作用 等)

感染
細菌やウイルス等による炎症。
血腫
術後、皮下や臓器からの出血が起こり、血液が貯留することです。
出血
術後やや多い量の出血を見ることです。
内出血
術後概ね起こる皮下の血液の組織への浸透で、自然に吸収されます。
瘢痕(創跡)
全ての皮膚切開創は、多少の傷跡が残ります。肌質的に目立つ人もいます。
肥厚性瘢痕(ケロイド)
傷跡の中でも、膨らみや硬さが強いものです。原因は、遺伝性のため術前には防御することができません。ただし、治療法がございます。
色素沈着
瘢痕の一つですが、色素(メラニン)の沈着が主な原因です。
アレルギー
薬剤が原因のものが多いのですが、金属やテープ等でも発症することがあります。
予定形態との差
なるべく患者さまの意見はとりいれるようにしますが、完全な表現は無理がある場合があります。
微妙な左右不対称
人間の体は左右不対称であるため、手術後にも左右不対称は起こりえます。

乳頭壊死

乳腺炎

乳汁分泌異常

乳頭縮小術の手術費用

項目 金額
(消費税別)
乳頭縮小(片側) 20万円
乳頭増大(片側) 20万円
美容的要素のあるものは自費になります。

乳頭縮小術の手術の実際

乳頭縮小術の手術の術前

乳頭縮小術の術前症例

術前

頭の組織を切除

乳頭縮小術の手術では、乳頭(乳首)の高さを縮めるのに乳頭基部の皮膚を円周状に適量切除します。目標の高さは6〜8mm程度でしょう。
次に乳頭(乳首)の直径を縮めます。乳頭(乳首)の中心からくさび状にデザインを起こし、おおよそ直径が8〜10mm程度になるように乳頭の組織を切除します。

乳頭縮小術の模式図
乳頭縮小の手術 乳頭基部の皮膚を円周状に切除

乳頭基部の皮膚を円周状に切除

乳頭縮小の手術 乳頭の組織を切除

乳頭の組織を切除


乳頭縮小術の手術の術後

乳頭の血行や乳管は温存され、大変良い形態を形成できました。

乳頭縮小の術後症例 手術直後

手術直後

乳頭縮小の術後症例 術後6ヶ月

術後6ヶ月