酒井形成外科 診察予約

 

傷痕修正・おでき・ほくろ除去

傷痕修正・おでき・ほくろ除去の概要

皮膚についた傷痕、おでき、ほくろを切り取り、皮下で縫合を行います。W型縫合や皮弁といわれる手法で行いますので、手術痕も目立たなくすることができます。

傷痕修正・おでき・ほくろ除去の欠点と利点

傷痕修正・おでき・ほくろ除去のメリット

傷痕修正・おでき、ほくろ除去のメリットは、なんといっても形成外科専門医は、形成外科的縫合法を熟知していますので、傷痕を目立ちにくくする事です。

傷痕修正・おでき・ほくろ除去のデメリット

傷痕修正・おでき、ほくろ除去のデメリットは、傷が落ち着くのに6ヶ月〜1年かかることです。

傷痕修正・おでき・ほくろ除去の手術時間と術後の経過

傷痕修正・おでき・ほくろ除去の手術での抜糸は、術後1週間目に行います。その後は、お化粧も可能です。部位により異なりますが、傷が落ち着くまで6ヶ月〜1年を要します。

傷痕修正・おでき・ほくろ除去手術の詳細情報

施術時間 手術範囲による 1cmで30分程度
施術後の通院 翌日の傷口のチェック。1週間後で抜糸。1ヶ月後に傷痕の観察
腫れについて 術後1週間で大まかな腫れは引きます。傷の赤みがとれるまでに2〜6ヶ月を要します
カウンセリング当日治療 可能
入院の必要性 不要
麻酔 局所麻酔

傷痕修正・おでき・ほくろ除去手術の手術費用

項目 金額
(消費税別)
傷痕・瘢痕 顔面部(2cm以内) 健康保険適応
傷痕・瘢痕 顔面部(美容的・2cm以上)1cmあたり 5万円
傷痕・瘢痕 顔面部以外(5cm以内) 健康保険適応
傷痕・瘢痕 顔面部以外(5cm以上)1cmあたり 3万円
美容的要素のあるものは自費になります。

傷痕修正・おでき・ほくろ除去手術の症例

W型形成術による傷痕修正

交通事故によりできてしまった傷痕を、W型形成術で綺麗に修正した症例です。

W型形成術による傷痕修正 術前症例

術前

W型形成術による傷痕修正 術後症例

術後


ほくろ除去の症例

右目の横にあったほくろを除去した症例です。術後6ヶ月には殆ど傷痕がわからなくなっています。

ほくろ除去の症例

リスク(合併症・副作用 等)

感染
細菌やウイルス等による炎症。
血腫
術後、皮下や臓器からの出血が起こり、血液が貯留することです。
出血
術後やや多い量の出血を見ることです。
内出血
術後概ね起こる皮下の血液の組織への浸透で、自然に吸収されます。
瘢痕(創跡)
全ての皮膚切開創は、多少の傷跡が残ります。肌質的に目立つ人もいます。
肥厚性瘢痕(ケロイド)
傷跡の中でも、膨らみや硬さが強いものです。原因は、遺伝性のため術前には防御することができません。ただし、治療法がございます。
色素沈着
瘢痕の一つですが、色素(メラニン)の沈着が主な原因です。
アレルギー
薬剤が原因のものが多いのですが、金属やテープ等でも発症することがあります。
予定形態との差
なるべく患者さまの意見はとりいれるようにしますが、完全な表現は無理がある場合があります。
微妙な左右不対称
人間の体は左右不対称であるため、手術後にも左右不対称は起こりえます。