酒井形成外科 診察予約

 

【東京】フェイスリフト手術で改善できるほうれい線の原因 皮膚のたるみ

頬のたるみを目立たせるほうれい線は、見た目を老けさせる厄介な存在ですから、自宅でフェイスリフトを目的としたケアに励んでいる女性は少なくないと思います。

見た目の年齢に大きく影響するほうれい線、何とかして改善したいと思いませんか?こちらでは、東京の美容外科でフェイスリフト手術を希望する方に、ほうれい線ができる原因と対策方法についてまとめています。

ほうれい線ができる主な原因

肌を気にする中年女性

フェイスリフト手術を必要とするほうれい線の多くは、複数の原因が混ざり合って発生します。

加齢によるハリの低下

皮膚は年齢を重ねると、コラーゲンやエラスチンといった、肌のうるおい・ハリを保つ成分が減ってしまいます。肌がハリを維持できなくなると、頬や口周りがたるみをおび、重力に負けて少しずつ下垂していきます。

その結果、口元にくぼみやしわができやすい環境ができ、少しずつ頬の間にたるみが出て、ほうれい線を目立たせてしまいます。

表情筋の筋力低下

表情筋をあまり動かさないでいると、少しずつ筋肉が弱くなって、肌や顔のパーツを支えられなくなっていきます。その結果、肌が下がってたるみをつくり、ほうれい線を深く刻み始めてしまうのです。そうなると、メイクで隠しきれなくなります。

脂肪の重み

加齢による脂肪のつき方も変化し始めます。頬に脂肪が増えて重くなり、少しずつたるみが現れると、ほうれい線が深くなります。また、体重の増減が激しい生活を繰り返している場合、太っていたときに伸ばされた皮膚が、ほうれい線の始まりである“たるみ”をつくることもあります。

皮膚のたるみ「ほうれい線」の対策

皮膚のたるみであるほうれい線を対策するには、以下の方法があります。

たるみが深くなる前に予防する

ハリがなくなると肌は下垂しやすく、たるみとなってほうれい線を深くしていきます。そうなる前に、毎日のスキンケアで予防しておくことが大切です。いつまでも若々しい印象を保てるように、肌が乾燥しないように保湿をしたり、紫外線ダメージが蓄積しないように対策したり、皮膚のたるみを目立たせない工夫をしましょう。

顔のエクササイズでほうれい線を予防する

顔のエクササイズで有効なのが、舌で口の中からほうれい線を消すイメージで強く押す方法です。実際に内側から舌でほうれい線を押してみると、頬のたるみが目立たなくなるのがわかるはずです。最低でも1日に左右1回ずつ行うようにすると、ほうれい線が深くなるのを予防できます。

美容外科でフェイスリフト手術を受ける

できてしまったほうれい線には、美容外科のフェイスリフト手術で目立ちにくくすることが可能です。美容外科で受けられるフェイスリフト手術は、頬のたるみを伸ばしてほうれい線を目立たせなくします。皮膚や表情筋を吊り上げることで物理的にたるみを解消し、余分な皮膚を切除します。 東京の酒井形成外科では、トータルフェイスリフトから切らないフェイスリフト手術まで対応しています。一人ひとりに合わせた手術・デザインをご提案いたしますので、東京でフェイスリフト手術に興味がありましたら、診察前に無料メール相談をご利用ください。

ほうれい線を目立たなくするフェイスリフト手術を希望する東京の方へ

東京の美容外科でフェイスリフト手術を希望する方に、ほうれい線ができる原因と対策方法についてまとめてみました。

皮膚のたるみを伸ばすフェイスリフト手術は、ほうれい線を目立たなくできますが、切開するため僅かに痕が残る場合があります。合併症・副作用などのリスクも否定できませんので、東京の酒井形成外科では、手術のアドバンテージだけでなく、リスクもわかりやすく説明することが大切であると考えています。

美容外科に通う前に、フェイスリフト手術に関する質問がありましたら酒井形成外科にお問い合わせください。
※審美目的のフェイスリフト手術は、健康保険適用外の自由診療です。

都内で美容外科を選ぶなら酒井形成外科

院名 医療法人社団 形成会 酒井形成外科
住所
〒170-0004 東京都豊島区北大塚2丁目3−1
2-3-1,kita-ootsuka,Toshimaku,Japan
TEL 03-3576-7788
受付時間
  • 平日 10:00~20:00
  • 土曜日 10:00~20:00
  • 日曜日 10:00~19:00
休診日 不定休
URL https://www.sakai-keisei.gr.jp/