酒井形成外科 診察予約

 

【東京】二重の修正手術(埋没・切開)はこんな人におすすめ!他院修正・相談事例もご紹介

「美しくなりたい」「コンプレックスをなくしたい」という目的で二重まぶたの手術を受けたにもかかわらず、満足できない、直したいと思っている方はいらっしゃいませんか?

そのような方におすすめなのが、二重の修正手術です。東京にある酒井形成外科では、二重の修正手術に対応しています。

今回は、修正手術のご相談のタイミングや、実際にあったケースをもとによくある相談内容をいくつかご紹介します。二重の修正手術をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

二重の修正手術はこのような方におすすめ

指の隙間から覗いている女性

東京にある酒井形成外科では、過去に他院で埋没法もしくは切開法で二重手術を行っている方の修正手術に対応しています。修正手術は、以下のようなトラブルを抱えている方におすすめです。二重埋没法と二重切開法の2つにわけてご紹介します。

二重埋没法

  • 二重の幅が左右で違う方
  • 二重のラインが取れてしまった方
  • 二重の幅を広げたい方、狭くしたい方

二重切開法

  • 目が開けにくくなってしまった方
  • 二重の幅が左右で違う方
  • 二重のラインが取れてしまった方
  • 二重の幅を変えたい方
  • 手術の傷痕が目立ってしまっている方
  • 二重の引き込みが不自然になっている方

ほとんどの場合に修正手術が可能で、場合によっては簡単な手術で済むこともあります。術式によってもどのような修正手術が必要なのかは異なり、現在の状態にもよりますので、まずは一度ご相談ください。

酒井形成外科は東京都豊島区にあり、遠方から修正手術を受けにいらっしゃるお客様も多いです。他院で二重の手術を受けたが、修正したいという方はぜひご連絡ください。

二重の修正手術(埋没・切開)の相談に適したタイミング

高いお金をかけて二重の手術をしたのに、再手術に踏み切るのは勇気がいることです。しかし、多くの場合は明確な原因があり、再手術でその原因を取り除くことが可能なことも多いですので、まずはご相談ください。

二重埋没法をした場合

ラインが薄くなってしまい二重がはっきりしなくなってきた時や、左右の二重幅に差を感じた時などにご相談ください。場合によっては、前回の埋没法で使用した糸を一度取り除くこともあります。前回できてしまった二重のクセがなくなり次第、再手術が可能です。

二重切開法をした場合

二重切開法の場合、なるべく早い段階でのご相談をおすすめします。腫れやむくみがなくなった後にご相談いただくのが望ましいです。一度切開して縫合すると、時間の経過とともに癒着が進んでしまい、癒着している分、再手術も難しく処置時間も個人差はありますが初回の場合よりも長くなります。

どのようなケースでも、酒井形成外科のドクターが状態をしっかり診断し、修正手術ができるかどうかをお答えいたします。できるだけご希望に近い形でできるアプローチをご提案しますので、お気軽にカウンセリングをお申し込みください。

二重の修正手術で多い相談事例

問診票に記入する看護師

相談事例1:傷痕が目立っている。

傷痕が目立っている場合は、傷痕を丁寧に切除した後に形成外科的縫合を行い、傷が目立たないようにします。

相談事例2:手術後、重瞼線が薄くなった。また、上眼瞼と眉の間にくぼみができてしまい目が開けづらくなった。

この場合は、挙筋腱膜が傷ついていたり、挙筋腱膜が瞼板から離脱していたりすることが多くあります。まずは、挙筋腱膜を露出させて固定し、瞼板も露出させて適度に目が開くように挙筋腱膜を瞼板に固定させる再手術を行います。手術痕が目立っている場合は、同時にその部分を切除し丁寧に縫合します。

相談事例3:切開手術をしたが、重瞼幅が狭すぎる。

前回の手術で切開した線より上の皮膚を必要なだけ切除し、新しい重瞼線を作ります。場合によっては眉下皮膚切除を行って、幅を調整することもあります。眉下皮膚切除が必要な場合は、術前に説明いたします。

相談事例4:切開手術をしたが、重瞼幅が広すぎる。

前回の手術で切開した線より下の皮膚を必要なだけ切除し、前回よりも狭い幅を再形成します。ただし、狭い幅の再形成には限界があるため、術前にしっかり診断(余剰皮膚の見積もり)し、ご説明いたします。

相談事例5:末広な重瞼ラインを平行型にしたい。

平行な二重を作るためには、目頭部の蒙古襞を取り除き、目頭を鼻側に牽引しなければなりません。そこで、平行型になるよう新しく重瞼線をデザインして、平行な二重になるようにします。目頭部分はZ型形成(目頭切開法)を行います。

相談事例6:平行型で目頭が露出しすぎていて、不自然に感じる。

重瞼幅を狭くする手術を行い、同時に目頭部分に蒙古襞を作成する手術を行います。この場合は、逆Z形成という術式で目頭に蒙古襞を作る方法を推奨しています。

ご紹介したのは相談事例の一部ですが、悩みは患者様によってそれぞれ異なります。東京にある酒井形成外科では、一人ひとりの患者様が納得した修正手術を受けていただけるよう、丁寧な診断と説明を行っています。まずは一度ご相談ください。

他院で受けた二重の修正手術は東京にある酒井形成外科へ

二重のトラブルのほとんどは、修正手術で直すことができます。諦める前に、ぜひ一度ご相談ください。切開法の場合はできるだけ早くご相談いただくことで、綺麗に修正できる可能性も高まります。

酒井形成外科では、患者様のお悩みや症状をしっかり診察し、二重まぶたの手術のメリット・デメリット、リスクなどを図やイラストを使ってわかりやすくご説明いたします。他院で受けた二重の修正手術のご相談は、東京にある酒井形成外科へお問い合わせください。


都内で美容外科を選ぶなら酒井形成外科

院名 医療法人社団 形成会 酒井形成外科
住所
〒170-0004 東京都豊島区北大塚2丁目3−1
2-3-1,kita-ootsuka,Toshimaku,Japan
TEL 03-3576-7788
受付時間
  • 平日 10:00~20:00
  • 土曜日 10:00~20:00
  • 日曜日 10:00~19:00
休診日 不定休
URL https://www.sakai-keisei.gr.jp/