酒井形成外科 診察予約

 

ボツリヌストキシン製剤によるわきが治療

ボツリヌストキシン製剤注射によるわきが・多汗症治療とは

ボツリヌストキシン製剤注射によるわきが・多汗症治療は、ボツリヌスA毒素が局所的に神経を麻痺させることから、脇の下の皮下にボツリヌストキシン製剤を注射し、発汗や臭いを押さえます。

現在までに発見されているボツリヌス菌が産生するタンパク質毒素のうち、もっとも強力なものがボツリヌスA毒素(ボツリヌストキシンA)です。
ボツリヌスA毒素は神経毒として働きますが、このボツリヌストキシンAを人体に安全なレベルで治療薬剤化したものが、アラガン製薬の「ボツリヌストキシン製剤(BOTOX)」という製剤です。

ボツリヌストキシン製剤を注射器に装填

ボツリヌストキシン製剤を注射器に装填したところ


ボツリヌストキシン製剤を皮下に注射すると、自律神経が一時的に麻痺することで、発汗やわきがの臭気を減少させます。
ボツリヌストキシン製剤注射の施術時間は10分程度で、効果期間は3〜6ヶ月程度です。1〜2ヶ月期間をあければ何回でもボツリヌストキシン製剤を注射することが可能です。

ボツリヌストキシン製剤注射によるわきが・多汗症治療の利点と欠点

わきが(ボツリヌストキシン製剤)の利点

わきがのボツリヌストキシン製剤治療のメリットは、注射のみでわきが治療がおこなえます。

わきが(ボツリヌストキシン製剤)の欠点

わきがのボツリヌストキシン製剤治療のデメリットとして、3〜6ヶ月の効果しかないことです。
そのため長期的に考えると高価な施術になってしまいます。

ボツリヌストキシン製剤注射による、わきが・多汗症治療の詳細情報

施術時間 10分程度
施術後の通院 不要
腫れについて なし
カウンセリング当日治療 可能
入院の必要性 不要
麻酔 不要

リスク(合併症・副作用 等)

感染
細菌やウイルス等による炎症。
血腫
術後、皮下や臓器からの出血が起こり、血液が貯留することです。
出血
術後やや多い量の出血を見ることです。
内出血
術後概ね起こる皮下の血液の組織への浸透で、自然に吸収されます。
瘢痕(創跡)
全ての皮膚切開創は、多少の傷跡が残ります。肌質的に目立つ人もいます。
肥厚性瘢痕(ケロイド)
傷跡の中でも、膨らみや硬さが強いものです。原因は、遺伝性のため術前には防御することができません。ただし、治療法がございます。
色素沈着
瘢痕の一つですが、色素(メラニン)の沈着が主な原因です。
アレルギー
薬剤が原因のものが多いのですが、金属やテープ等でも発症することがあります。
予定形態との差
なるべく患者さまの意見はとりいれるようにしますが、完全な表現は無理がある場合があります。
微妙な左右不対称
人間の体は左右不対称であるため、手術後にも左右不対称は起こりえます。

皮膚壊死

皮膚熱傷

脇毛の脱落

瘢痕拘縮による肩関節の可動域障害

ボツリヌストキシン製剤によるアレルギー

発汗異常

ボツリヌストキシン製剤注射による、わきが・多汗症治療の施術費用

項目 金額
(消費税別)
ボツリヌストキシン製剤治療 1回 健康保険適応
美容的要素のあるものは自費になります。

ボツリヌストキシン製剤注射による、わきが・多汗症の施術の実際

ボツリヌストキシン製剤注射による、わきが・多汗症の施術は、溶解したボツリヌストキシン製剤溶液を片脇のわきの下の皮下に10〜14点程度に分けて少量づつ注射します。

ボツリヌストキシン製剤注射後2〜3日で効果が出始め、5〜7日で安定します。

ボツリヌストキシン製剤注射治療後も特に注意することはありません。入浴なども普通どおり行って構いません。

ボツリヌストキシン製剤の効果期間は、3〜6ヶ月程度です。1〜2ヶ月期間をあければ何回でも注射することが可能です。

ボツリヌストキシン製剤注射によるわきが治療

ボツリヌストキシン製剤注射によるわきが治療の様子


休診日
2018年 11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2018年 12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
ピンクが休診日です