酒井形成外科 診察予約

 

プラセンタ

プラセンタの適応

プラセンタは、次のような症状に最適です。

  • 肌の美白作用
  • 肌の張りを出す作用
  • エイジングケア作用
  • 疲労感、肩こり・腰痛、冷え性などの改善
  • 生理痛やにきびの改善、更年期障害の改善作用
  • 肝機能改善作用

プラセンタとは

プラセンタとは胎盤のことで、プラセンタエキスには胎児の発育に必要な栄養素が豊富に含まれています。プラセンタエキスの投与で全身の細胞が活性化され、細胞のターンオーバーの促進が期待できます。

日本では1956年厚生省より許認可され、肝炎や子宮内膜症などの病気の治療に使われてきました。

プラセンタ療法を受けた方の中に「肌がきれいになった」とか「シミが薄くなった」とか「疲れがたまらなくなった」等という声が多くなり、最近では美容目的で使われるようになってきました。

プラセンタエキス注射の効果

肌の美白作用

プラセンタは、ステロイド薬と同程度の抗炎症作用を持ち、皮膚の美白に役立ちます。

皮膚のはりを出す作用

プラセンタは、血液循環を改善し、皮膚の血行を増すことと免疫系の賦活作用で、皮膚のコラーゲンの生成を増加します。

エイジングケア作用

プラセンタは、活性酸素の働きを抑制し免疫力を賦活化させます。これにより様々な病気や老化から体を守ります。また、プラセンタには、坑ストレス作用もあり相乗効果が期待できます。

疲労感、肩凝り・腰痛・冷え性等の改善

プラセンタの血行改善作用や活性酸素抑制作用、また、肝機能を高める作用から体全体が楽になるといいます。

生理痛やにきびの改善、更年期障害の改善作用

プラセンタには、内分泌(ホルモン)の調節作用があります。現代人の乱れがちなホルモンのバランスを整えてくれます。

肝機能改善作用

肝臓機能が高まることにより、お酒などで弱った肝臓を復活させることや体のデトックス効果が高まります。

プラセンタ施術の実際

プラセンタエキスは、加熱殺菌処理を施した厚生労働省が認可した医薬品、ラエンネックを使用しています。
1回に1〜2アンプルを皮下に注射します。週に1回程度の 継続的な施術が望ましいでしょう。
プラセンタは、注射での施術の他に点滴療法やサプリメントでの摂取もできます。

リスク・副作用

  1. 注射部位の痛み、硬結、痒み
  2. 頭痛、吐き気
  3. 肝機能障害
  4. 発赤、腫脹、内出血
  5. 人組織由来のタンパクアミノ酸等を含む製剤の為、ショックを起こす事がある
  6. 未発見なウイルス感染献血ができなくなります

プラセンタの施術料金

項目 金額
(消費税別)
プラセンタ注射 1A 1,000円
プラセンタ注射 2A 2,000円
プラセンタ注射(つぼ打ち) 3A使用 5,000円
美容的要素のあるものは自費になります。