老人の目の代表、上まぶたのタルミの改善

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

若い頃はきれいな二重まぶただったのに、年齢を重ねるとともに、上まぶたの目尻が垂れ、目が三角形に小さくなってしまうことは誰にでもおこります。垂れ込む上まぶたにより、二重線も奥に移動し、重瞼線が見えなくなります。これを修正して、若さを取り戻したいという質問です。

Q) 48歳の女性です。若い頃には比較的しっかりした二重まぶたでした。30歳頃から二重の幅が小さくなって、最近では奥二重になってしまいました。さらに、上まぶたの外側がより弛みが強く、お年寄りの目つきになってきたと思います。お化粧をしても映えず、実年齢より老けて見えると感じています。何か良い改善法はないものでしょうか?

A) 加齢により男女を問わず、眼瞼の変化が現れ、年相応の顔つきになるものなのでしょう。
特に、上眼瞼の外側の垂れ込みはお年寄りの目の特徴でもあります。
さて、このようなお悩みには、上眼瞼の弛み切除が有効です。治療法としては重瞼線の周囲で、余剰皮膚を切除する切開重瞼形成法と眉毛の下の皮膚を少し多めに切除する、眉毛下皮膚切除法が一般的です。
切開重瞼法では、重瞼線の皮膚を多く切除する場合重瞼の形が不自然になりやすくなります。眉毛下皮膚切除では少量の皮膚切除では効果が少なく、どうしても大きな切開が必要になります。そうすると、場合によっては眉毛の下に目立つ傷跡が残ってしまうことがあります。
そこで、私たちは、まず、眉毛下皮膚切除を行い、上眼瞼を釣り上げます。この時皮膚切除をすこし控えめにしておきます。そうすると、眉下の傷跡は小さく目立たなくできるのです。つづいて、重瞼線では、綺麗な重瞼が確保できる程度に皮膚を少なめに切除するのです。つまり、1箇所で多く皮膚を切除するのではなく、2箇所に分けて皮膚を切除するという方法です。意外にも、このような手術を行う施設は少ないと思います。
しかし、これが、実はとても良い結果を呼ぶことを発見しました。
ですので、あなたにも、重瞼線と眉下部位での同時皮膚切除をお勧めします。

[コメント]

fig01.png

出典:28p 5図 眼形成手術 高比良雅之・後藤浩 編集 医学書院 2016/11/ 1 発行

上眼瞼とは眉毛の下からまつげの生え際までを指しますが、眉下に近づくほど皮膚は厚く睫毛に近づくほど皮膚は薄くなります。特に睫毛近くのまぶたの皮膚は、人体でもっとも薄い皮膚となります。上まぶたの皮膚は睫毛から1cm くらいはとても薄いのですがそれを超え得てくると徐々に厚くなります。上眼瞼の余剰皮膚を切除するばあい、重瞼線での皮膚切除だけで行うと、重瞼が持ったりした不自然な感じになります。それは、重瞼線の上下で皮膚の厚さが異なるためです。

p01.png

また、上眼瞼の余剰皮膚の切除を眉下だけで行うとすると、眉下の傷跡がとても長くなり、場合によっては傷跡が目立ってしまうことがあります。

p02.png

そこで、眉下で適量の皮膚切除を行なった上で、重瞼線を考慮しながらここでの皮膚切除も同時に行うと、極めて自然で綺麗な眼瞼が作成できます。また、傷跡がもっとも目だたなくなります。つまり、眉下の傷跡を最小限にしながら、上眼瞼の皮膚の厚い部位を切除すれば薄い皮膚がのこり、自然な風合いを最大限残せるというわけなのです。」

ポイントは可能な範囲で眉下皮膚の切除を行い、不足分の皮膚切除を重瞼線の作成とともにこの部位での皮膚切除を適量行う様にするのです。

p03.png

このテクニックは意外に知られていないのですが、極めて自然で美しい目元を作り上げます。

p04.png

【術前】

p05.png

【術後1年】

症例は術前と術後1年を表しました。目の上のたるみと重さを取りあっさりした重瞼を希望された患者様です。切開重瞼と眉下皮膚切除を行いました。

治療費(モニター価格)45万円

合併症:予定外重瞼線、閉眼障害、傷跡の目立ち、感染、色素沈着、等

傷跡の修正

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

傷跡の悩みは多いものです。今回の症例は形成外科での施術でも満足が得られなかったが、より繊細な医師であれば、さらに良くできるではないか、という質問です。

Q)1年ほど前に自転車で交通事故に会い、おでこから鼻の上にかけて傷ができました。かなり出血していましたので、救急車で近くの病院の外科で縫合してもらいました。しかし、その後、傷跡がとても目立つと感じましたので、大学病院の形成外科で修正手術をしました。現在手術後6ヶ月経っています。担当の先生には申し訳ないのですが、私としては、現在の結果が満足できる状態ではありません。今度は美容外科の先生に再手術をしてもらいたいと考えています。より、良くなるでしょうか?

A)美容外科を専門としている医師は、まるで魔法の様に患者の顔を綺麗にしてくれると思う方は多いかもしれません。しかし、そんな魔法は、実は存在しないのです。

さて、縫合技術が優れている外科分野といえば、それは形成外科なのです。したがって、最初の傷跡を形成外科専門の施設で修正したのはとても正しい選択でした。しかし、満足がいかない理由が何点か挙げられます。まず、手術後の経過が6ヶ月だということです。創傷治癒過程では、顔の傷跡が完全に落ち着くのに2〜3年と考えられています。

術後6ヶ月ですと、まだ硬さや色素沈着が残っているはずなのです。

次に、あなたの肌質です。傷跡がとてもきれいになる方もいますが、残念ながら、皮膚が硬い方などは、どうしても傷跡がのこってしまう遺伝的な肌質があるのも事実です。

最後に、形成外科専門医と言われるスペシャリストの中でも美容系を重視する医師と、そこには少し無頓着な医師もいるわけなのです。

さて、回答ですが、あなたが、形成外科専門医の中で美容外科を専攻している医師にうまく出会え、修正を希望すれば、良い結果がでると思います。もちろん、あなた自身のアフターケアも大切です。また、肌質によっては術後処置や投薬をしてくれる美容形成外科専門施設をえらびましょう。カウンセリング時、手術法や術後の状態の説明、アフターケアの方法を丁寧に説明してくれる医師を探しましょう。

[コメント]

傷跡の修正は、形成外科の重要な取り扱い疾患です。ただし、傷跡修正手術はすぐには結果が出ません。場合によっては2〜3年かかることもあります。また、患者様本人の肌質も大きく結果に関係します。もちろん、担当医の熟練性や美容系に精通した医師かどうかも大きく結果に関係するでしょう。

傷跡の経過はおおよそ次のようです。(体の部位によっては経過に差があります。)

 1週間後:抜糸
 310週間程度:傷周囲の赤み、硬さ、盛り上がり、が確認。
 3〜12ヶ月程度:傷周囲の色素沈着(赤黒さや茶色の痣状)。
 1〜3年:ほぼ落ち着いてくる。

図1.png

術直後

図2.png

術後7日 抜糸直後

図3.png

術後30日

図4.png

術後6ヶ月

図5.png

術後18ヶ月

つづいて、個人の肌質の関係です。人の肌質はかなり違いがあります。ニキビの跡が激しく残っていて「あばた」と呼ばれる事もあれば、まったく跡が残らない方もいるわけです。
傷跡が汚いと言われるのは、創傷治癒期間に膠原線維が過度に増殖してしまうからです。膠原線維の発生度は遺伝的に決まっています。とても残念なことですが、膠原線維が異常に増殖してしまうケロイドという病態もあり、東アジアの人種では3000人に1人くらいの割合で遺伝子が存在するそうです。この場合形成外科専門施設では、ステロイドの瘢痕注射や塗布薬処置、また、トラニラストの内服継続が推奨されています。

図6.png

ケロイド(皮膚病アトラスから出典)

さて、美容外科は形成外科の一分野で、少なくとも形成外科学会の専門医が担当するのが妥当なのです。しかし、巷の美容外科は形成外科専門医が少ないのが現状です。ちなみに、米国では美容外科を表簿するのに、形成外科専門医であることが必須とされています。

形成外科専門医は主に人体の体表面の形態の正常化を目的とする外科学です。つまり、人体をなるべく綺麗に美しくする外科ということになります。そのため、形成外科を目指す外科医師はまず、縫合法を身に付けます。それは、きわめて丁寧な手技を必要としまた、そのための必要以上の時間を縫合に費やさなければなりません。

こうして、形成外科専門医を取得したのち、美容外科を目指した専門医はさらに精緻な縫合法や特異な手術技術を身につけていきます。したがって、より美容性の高い手術を希望する患者様においては、日本形成外科学会専門医または指導医の資格のある美容外科医師を選任すると良い結果が生まれると考えます。

はじめに

  • 投稿日:

sakai-keisei_54.png


酒井形成外科院長の酒井倫明と申します。

形成外科専門医・指導医の資格を保持しています。わたしの日々の診療は形成外科治療が主になります。つまり、形成外科特有の縫合技術を基に、形成外科領域の病気や怪我の手術治療をするばかりでなく、美容外科の治療も行っています。特に美容外科は手術後の傷跡が極めて奇麗でないと成功したと言えないので、形成外科の技術が必須な診療科目なのです。

さて、一般の外科手術では、ある程度決まった手術法があり、多くの外科医はほぼ同じ手術を行うものです。消化器の手術も、呼吸器外科の手術も、心臓外科、脳神経外科でも概ね決められた手術を行うのが習わしです。

もちろん、時々、新しい手術法が開発され、学会で報告され、他の専門医がそれを習得した上で新しい手術法が生まれることもあります。しかし、これもある時間を得て一定の方法論として、学会誌や教科書に記載され、多くの外科専門医が模倣していくわけです。

ところが、形成外科、とりわけ美容外科では、一般論が示す定型手術は「ない!」事が多いと言えます。基本技術はありますが、これを元に、個人の感覚で手術を行うと無数の方法があり、その良し悪しは結果論だけで判断され、特にこれでなければダメという方法がないのです。

これは、電気製品の組み立てや修理、あるいは車の生産や修理が決まった工場で決まった方法で作業されるのに対し、彫刻や絵画といった芸術品は作者の意図だけで完成されるのに似ています。つまり、一般の外科は工業製品に例えられるとしたら、美容外科は芸術品に例えられると思うのです。

美容外科では、患者様の希望は一定ではなく、多様性に富んでいます。それを叶えるのに一定の手術法では同一の結果しか出せません。そこで、形成外科専門医である術者は、いろいろな技術を組合せ個性を出せる手術結果を出そうとするのです。例えていうなら、そこに紡ぎ出される結果は作者である形成外科専門医の作品とも言えるのではないでしょうか。

例えば、二重まぶたの手術をおこなったとして、患者一人一人に対し固有の手術、微妙に異なった手術をおこなっているわけで、一つとして同じ手術は無いのかもしれません。

この、ブログでは、私が出会った数多くの患者様の訴えや疑問、そして私が出した結論的な手術法を徒然なるままに、時間を見計らい書き下ろしてみました。興味がある方へ、すこしでも参考になればと願っています。