酒井形成外科 診察予約

 

脂肪吸引

脂肪吸引手術の概要

脂肪吸引手術では、体の目立たないところに5mmほどの皮膚切開を入れそこから直径1.5〜2.0mmのカニューレを挿入します。
利き手でカニューレを操作しながら、他方の手を触手としカニューレの位置を把握します。同時に皮下脂肪を彫刻で削るかのように左右の差に注意しながら、丁寧に脂肪を除去しながら体の線を作っていきます。

脂肪吸引で皮下脂肪を十分採りたい所を中心に広範囲に、グラデーションをかけながら、曲線を描出していきます。

腹部脂肪吸引手術の術中の様子

脂肪吸引手術の術中の様子


脂肪吸引手術では、出血量と手術中の疼痛緩和がとても大切な事です。
手術中は、チュームセントとよばれる、出血予防のカクテル脂肪内注入や全身麻酔による患者さまの全身管理がとても大切な事項と言えます。

部分脂肪吸引

広範囲の脂肪吸引は、全身麻酔の必要性や入院、回復の時間といったことを考える必要があります。
また、全体的というわけではなく、一部の皮下脂肪が気になるような場合もあります。

そこで、部分脂肪吸引法が役立つことがあります。
部分脂肪吸引法とは、15cm×15cm程度の範囲の脂肪吸引を指します。この範囲を1単位として1回1から4単位程度の範囲で脂肪吸引を行います。
部分脂肪吸引では、局所麻下の手術で30分から1時間程度での短時間で帰宅ができます。
術後は軽い包帯圧迫をしますが、手術次の日からはサポーターの使用が便利です。
念のため術後1週間程度に診察を行っています。

部分脂肪吸引法例
  • 上腕: 2から4単位
  • 太もも内側: 2単位
  • 太もも外側: 2から4単位
  • 上腹部: 1から2単位
  • 下腹部: 1から2単位
  • 側腹部: 2から4単位
          等

脂肪吸引の欠点と利点

脂肪吸引のメリット

脂肪吸引のメリットは、メソセラピーや体外式痩身施術と異なり、しっかり結果を出せることです。

脂肪吸引のデメリット

脂肪吸引のデメリットは、やや大きな手術となることもあり、回復や落ち着くまで時間がかかることです。
また、広範囲の脂肪吸引手術では、脂肪の抽出とともに出血を伴いますので貧血がある場合は、手術を控えねばなりません。術前の全身の血液検査等はとても大切です。

皮下脂肪の役割
皮下脂肪は、病気にならないためのある種の緩衝作用なので食事によるダイエットも必要です

この、にっくき皮下脂肪も実は大切な役割があるのです。
動物は簡単に食物が得られないことがあります。そのため食べれる時にできるだけ栄養素を皮下に貯めれるようになっているのです。そうして、食物が無い時にこの皮下脂肪からエネルギーを得ているわけです。つまり、皮下脂肪は生きていくためのエネルギー貯蔵庫なのです。

日本には食べ物が溢れていて、殆どの場合はけっして飢饉には陥ることはありません。そのため本能の赴くまま食事を摂れば、当然皮下脂肪が溜まり「デブ」になってしまうわけです。

しかし、これは病気にならない為の、ある種の緩衝作用(だんしょうさよう)なのです。
食事を摂ると血糖や血液コレステロールが血管内に多くなります。これらはホルモン等の作用で変化し皮下脂肪という貯蔵庫に溜まるわけですが、この作用のため血液の中の油や糖が減少し一定の値になるわけです。

そのため食事ダイエットを考慮せずに、脂肪吸引を進めてしまうと、油の貯蔵庫が少なくなり、結果、血液の中性脂肪が上がってしまうのです。そうすると血液はドロドロになり、脳血栓や心筋梗塞の原因になりかねません。

脂肪吸引を繰り返し、美しい体形を得るのは良いのですが、食事ダイエットも忘れてはなりません。そのためには、定期健康診断でご自分の血液の状態を把握することが大切です。

術後経過とアフターフォロー

顔以外の脂肪吸引の場合

脂肪吸引の術後4〜5日は、特殊包帯法により体のラインを作っていきます。その後専用のガードルもしくはサポーターを1〜2カ月着用してもらいます。
脂肪吸引による腫れは、術後2週間程度かなり腫れます。そのため包帯やガードルの跡がついたり、でこぼこ感が目立つことがありますが、自然に軽快していきます。
ガードルは、術後2カ月はしっかり着用していただきますが、皮下が硬くなったり皮膚の感覚が「はばったく」感じたり違和感を伴う時期です。
脂肪吸引による腫れも、術後3〜4カ月するとようやく落ち着きはじめ、皮膚の硬さや感覚障害も改善していきます。体のラインもやっと落ち着いて来る頃です。
カニューレの傷痕は6カ月ほど赤みや硬さがありますが、1年くらいでほとんど消失し、気にならなくなるでしょう。
術後のマッサージは必要ありません。

顔の脂肪吸引の場合

顔の脂肪吸引では、包帯を術後3〜4日間しっかり巻きます。その後必要に応じ顔面専用サポーターを利用する場合もありますが一般的には開放とし、洗顔洗髪も自由になります。脂肪吸引による腫れが、1カ月程ありますが、2カ月もすると落ち着いてラインもしっかり出て参ります。
ただ、顔に弛みが出ることもあり、この場合フェイスリフトを計画しなくてはならないことがあります。
顔の脂肪吸引時のカニューレは、耳タブの裏側など目立たない所から挿入します。
また、カニューレの太さも直径1mmと細いものを使用します。そのため、カニューレ挿入の傷痕は殆ど消えてしまうと考えて良いでしょう。

脂肪吸引の詳細情報

施術時間 手術部位による 2〜6時間
施術後の通院 手術日より3〜4日の来院で包帯外し、消毒。7〜10日で抜糸を行い、1ヶ月後傷口経過診察
腫れについて 腫れは、1〜2週間程。腫れよりも脂肪吸引した部位に現れる紫斑の方が目立ちます。1〜2週間で紫色から黄色へ、1ヶ月で元の肌色に戻ります
カウンセリング当日治療 不可
入院の必要性 手術部位により必要
麻酔 手術部位による(局所、静脈、全身麻酔)

酒井形成外科では、点滴によるダイエットやダイエットに最適なサプリメントもございます。ご興味のある方は、美容皮膚科の点滴・サプリメントのページをご覧下さい。

リスク(合併症・副作用 等)

感染
細菌やウイルス等による炎症。
血腫
術後、皮下や臓器からの出血が起こり、血液が貯留することです。
出血
術後やや多い量の出血を見ることです。
内出血
術後概ね起こる皮下の血液の組織への浸透で、自然に吸収されます。
瘢痕(創跡)
全ての皮膚切開創は、多少の傷跡が残ります。肌質的に目立つ人もいます。
肥厚性瘢痕(ケロイド)
傷跡の中でも、膨らみや硬さが強いものです。原因は、遺伝性のため術前には防御することができません。ただし、治療法がございます。
色素沈着
瘢痕の一つですが、色素(メラニン)の沈着が主な原因です。
アレルギー
薬剤が原因のものが多いのですが、金属やテープ等でも発症することがあります。
予定形態との差
なるべく患者さまの意見はとりいれるようにしますが、完全な表現は無理がある場合があります。
微妙な左右不対称
人間の体は左右不対称であるため、手術後にも左右不対称は起こりえます。

多出血

脂肪吸引部の凹凸変形

脂肪吸引の手術費用

項目 金額
(消費税別)
脂肪吸引 上腕部 30万円
脂肪吸引 顔・あご下 35万円
脂肪吸引 腹部全体 90万円
脂肪吸引 大腿部全周・膝周囲 95万円
脂肪吸引 大腿部全周・膝周囲・ふくらはぎ 110万円
脂肪吸引 大腿部・膝周囲・腹部全体 150万円
美容的要素のあるものは自費になります。

脂肪吸引の手術の実際

脂肪吸引手術のポイント

  • 腹部や太もも(大腿部)など比較的広範囲の脂肪吸引では、全身麻酔が必須である
  • 痩せたい部分だけ脂肪を吸引するわけではなく、その周囲をグラデーションをかけるように徐々に広範囲の皮下脂肪を吸引していく
  • 脂肪吸引部位には予めチュームセントといわれる薬液を浸透させて脂肪の吸引を促し、かつ出血を極力抑える
    しかし、不用意な脂肪吸引は、時に多量の出血を来していることもあり、術中の血液検査がとても重要である

脂肪吸引のデザイン

患者さまを立位とし脂肪吸引部位を丁寧にデザインしていきます。地図の等高線のように多く脂肪吸引する場所からグラデーションを表現します。
また、左右均等になるよう吸引脂肪は逐一記録していきます。この記録が分かりやすいように脂肪吸引エリアを決定します。

脂肪吸引のデザイン

脂肪吸引時の麻酔

広範囲の脂肪吸引手術では、全身麻酔が基本です。全身麻酔を施した上で、脂肪吸引範囲にチュームセントを専用機械で注入していきます。

カニューレ・プロテクターの装着

脂肪吸引中はカニューレを出し入れするため、カニューレの挿入部の皮膚は損傷を受けます。そのためカニューレの挿入部にカニューレ・プロテクターを装着します。

脂肪吸引中でのカニューレプロテクター

カニューレプロテクター


カニューレを挿入する部位に、カニューレ・プロテクターを装着します。

脂肪吸引前にカニューレプロテクターを装着

カニューレプロテクターの装着


脂肪の吸引

カニューレを挿入し脂肪吸引を始めます。
カニューレ・プロテクターが、皮膚とカニューレの摩擦を防いでいるため、皮膚を痛めないようスムーズに施術が進められます。

プロテクターが、脂肪吸引時のカニューレと皮膚の摩擦を抑えます

カニューレと皮膚の摩擦を抑えます


脂肪吸引でのカニューレ口とカニューレの動き

各部位の脂肪吸引の実際

腹部〜腰部・上腕部の脂肪吸引

腹部〜腰部・上腕部の脂肪吸引

腹部の脂肪吸引では、腰のくびれを十分描出します。腹筋の横面が、うっすらと浮かぶ程度がベストのデザインです。
おへその周りは極めて難しい所です。丁寧に、しかもやり過ぎないことが大切です。

大腿内側〜膝内側の脂肪吸引

大腿内側〜膝内側の脂肪吸引

太ももの内側(大腿内側)から膝内側の脂肪吸引は、患者さまにとって大変満足感のあるエリアです。
十分に脂肪吸引をして差し上げるべきですが、デコボコ感にも注意は必要でしょう。

大腿前面の脂肪吸引

太ももの前側(大腿前面)の皮下脂肪が多い方は、直立で立っていても大腿が前方に丸く膨らんで見えるものです。
これは「ずんぐりむっくり」の体形の基礎になってしまいます。
太ももの内側(大腿内側)と同様、しっかり脂肪を吸引をします。
ただし、決して皮膚をペラペラにしてはいけません。

大腿前面の脂肪吸引

大腿側面〜臀部下面、大腿後面の脂肪吸引

太ももの後ろ側(大腿後面)

太ももの後ろ側(大腿後面)は比較的脂肪が少ない場所です。
しかも、おしりを支える靭帯用組織が筋肉の近くに存在するため、脂肪吸引をしすぎると、おしりが垂れてしまうこともあります。

太ももの裏側の脂肪吸引時のカニューレの動き

太ももの裏側の脂肪吸引時のカニューレの動き


太ももの外側(大腿外側)

太ももの外側(大腿外側)は、筋肉が発育している男性の方では細くする事は殆ど不可能です。
しかし、皮下脂肪が多い方はこの部位をしっかり脂肪吸引することによって、足のスタイルが極めて良くなります。
女性は男性より皮下脂肪が多いので、この部位の脂肪吸引は極めて有効な場合があります。

太もも側面の脂肪吸引時のカニューレの動き

太もも側面の脂肪吸引時のカニューレの動き


顔の脂肪吸引

顔の脂肪吸引は「顎下」もしくは「法令線よりちょっと上方の頬のごく一部」しか適応がありません。
たとえば頬全体を脂肪吸引するなら、かならずフェイスリフトを同時に行なう計画を立てないと、老人のように弛むことがあります。

顔の脂肪吸引でのカニューレの動き

顔の脂肪吸引でのカニューレの動き


その他の部位の脂肪吸引

背中の一部やふくらはぎ、上臀部等も脂肪吸引の対象部位になります。ご相談下さい。

でこぼこさせない脂肪吸引のテクニック

酒井形成外科では、他院で行われた脂肪吸引後の凸凹に悩んで相談にいらっしゃる方が多いのです。
凸凹の大半は一部が凹んでしまっていることが原因です。

では、いったいどうしてこんなことが起こるのでしょうか?
みなさんも子供の頃に木材や石膏を削って遊んだことがあるでしょう。
あるところばかり一生懸命削ると、そこが凹んでしまうじゃないですか。
脂肪吸引もまったく同じなのです。たしかに、他所より多く削りたいといころはあります。ですから、術前のデザインはとても重要なのです。
また、彫刻家や大工さんは、たくさんの種類のノミやヤスリを使っていますが、私たち形成外科医は直径1.5mmの細いカニューレから2.0mmの中間のカニューレの2種類しか使えません。
利き手の力の入れ具合、カニューレの吸引孔の向き、反対側の手で行うカニューレの探りと反力の掛け方等、感覚で人体を削って行く感じです。
きわめてシンプルですが、とても繊細な技術を要するのです。

脂肪吸引時の出血を抑えるチュームセント

脂肪吸引手術では、脂肪だけでなく血液も同時に吸引されます。特に多量の脂肪を吸引する予定の手術では、出血量にも注意を向ける必要があります。
例えば、両側の大腿部(ふともも)だけでなく腹部や腰も同時に脂肪吸引をする場合などでは、4〜5リットルもの血液をまじえた脂肪を吸引することもあります。一見、手術中、多量に出血している感じがしないので、患者さまが貧血に陥っている事に気付かれないこともあるかもしれません。

脂肪吸引時の出血を抑えるために脂肪吸引予定部位に「チュームセント」といわれる薬液を注入します。血管を収縮させ脂肪吸引時の出血を極めて高度に抑制させます。「チュームセント」は、脂肪吸引の必需事項です。

チュームセントとは、局所麻酔剤にボスミンという血管収縮剤を混ぜた薬剤です。脂肪吸引前にその部位の脂肪層全体にチュームセントを注入します。

術中の患者さまの血液状況を逐一把握することが、外科医としてはとても大切な事になります。
特に脂肪吸引手術中は、数回にわたり血液検査を施行し患者さまが貧血に陥っているかどうかを確認することが必要になるのです。