酒井形成外科 診察予約

 

フェイスリフト

個人差はありますが、加齢により人は誰にでも老化が顔に出てしまいます

いわゆる老人顔というのは次のような変化を指します。

  • 眉尻の垂れ込み
  • 上まぶたの垂れ込み 目尻のシワ
  • 下まぶたの垂れ込み 目袋の形成
  • ミッドチークラインの出現 頬中心の皮下組織の低下
  • 法令線の目立ち
  • 鼻の下が伸びる 口周りのシワ
  • 口唇が薄くなる
  • マリオネットライン(ジョウル)の出現 口角が下がる
  • 頬下が垂れ込む 首の側面が頬の一部になる
  • 顎下の垂れ込み 首と顔の境が無くなる
  • こめかみの陥没
  • 頭髪が薄くなる

上記の様な老化した顔つきの原因は、次のことが挙げられます。

  • 重力に抗する皮膚や顔の筋肉の弾力の低下
  • 頭部や顔面部における皮下脂肪や脂肪塊の下方移動
  • それを支える顔面の筋肉(SMAS)や皮膚の伸展と余剰

つまり老化した顔つきの原因は、顔の脂肪が増え、それを支える筋肉や皮膚が伸びきって垂れ込んでしまうというわけなのです。これを根本的に修正するとしたら、伸びきって余った、皮膚や筋肉(SMAS(スマス))を縫い縮めたり切り取ってしまう必要があるわけです。これが、フェイスリフト手術なのです。

メスを使わないフェイスリフトという呼び名は広く浸透しているようですが、効果が今ひとつと感じている方も多いようです。フェイスマッサージでは理論的にフェイスリフト効果はありません。高周波電気治療や超音波治療は、皮膚深部の熱発生によって組織のタイトニングは起こるかもしれませんが、フェイスリフトのような効果はないでしょう。

また、フェイスリフト手術といっても簡易(インスタント的)なものでは、皮下を剥離(はくり)しなかったり、SMASに処理をしない方法もあると言われています。これは、真のフェイスリフト手術ではありません。
フェイスリフト治療を受けようと思ったら、フェイスリフト手術の意味と理論をある程度理解した上でカウンセリングを受け、担当医の治療方針を確認しましょう。