酒井形成外科 診察予約

 

スレッドリフト

スレッドリフトの概要

スレッドリフトとは、加齢により垂れ下がったお顔の皮下に特殊な糸を入れることで弛みを引き上げる 「切らないリフトアップ術(切らないフェイスリフト)」です。
「かえし」のある糸を顔面の皮膚に挿入して、お顔のリフトアップ効果や引き締め効果、さらにコラーゲン増生効果により肌の張り改善やリフトアップが期待できます。
スレッドリフト(切らないフェイスリフト)は、ダウンタイムも少なく糸自体もいずれ体内で吸収され自然と溶けてなくなるため、安全性の高いフェイスリフト施術です。

スレッドリフト手術(切らないフェイスリフト)のしくみ、欠点と利点

スレッドリフト手術(切らないフェイスリフト)のメリット

酒井形成外科でスレッドリフト(切らないフェイスリフト)に使用している糸は、皮膚を引き上げる力が強いアンカーリフトに3種類、肌にハリ・弾力をもたらすショッピングリフト用と合わせて計4種類をご用意しています。
これらの糸を組み合わせて使用することにより、気になるお顔の弛みをすぐに解消する即効性と長期的なリフトアップ効果が期待できます。

アンカーリフトは、ギザギザの 「かえし」 が付いており強度が高く、持続期間も長いのが特徴です。
この「かえし」が、皮下に引っかかりお顔の皮膚を引き上げた状態を保ちきます。
特に頬の弛みには効果があります。フェイスラインを出し、ほうれい線やブルドッグラインを浅くする効果があります。

これに対しショッピングリフトには、「かえし」が付いておらず、針を刺すその刺激自体が血流を促進します。
また、皮膚内に糸を埋め込むことでコラーゲンやエラスチンの長期的な増生を促します。これによりお顔の肌に、ハリ・肌質改善をもたらします。

スレッドリフト手術(切らないフェイスリフト)のデメリット

スレッドリフトの糸は、時間の経過とともに体内で吸収されるため、いずれは元に戻っていきます。
お顔の皮膚の弛みが大きいと、スレッドリフト(切らないフェイスリフト)だけでは対応できない場合があります。

スレッドリフト手術(切らないフェイスリフト)の術後経過

スレッドリフト(切らないフェイスリフト)手術は、30分程度で終了します。むくみや腫れは、数日~10日程度でおさまります。
スレッドリフト(切らないフェイスリフト)の手術直後から部分的に若干の凹凸やツッパリ感、表情を大きく動かした際の痛みを感じる場合があります。スレッドリフトの糸がなじむにつれて自然と解消され、通常1週間程度でおさまります。
まれに内出血が起きることもありますが、2週間程度で徐々に薄くなります。
また、刺入部位(糸の入り口)のくぼみ、ひずみ、色素沈着等の症状が見られる場合がありますが、次第に改善されます。
むくみや腫れは、2週間~1ヶ月で安定してきます。
スレッドリフト(切らないフェイスリフト)の効果は、施術直後より実感いただくことができ、半年から1年半持続します。この効果を維持や強化するには、効果が切れた頃に再度スレッドリフトで、新しく糸を入れる必要があります。

スレッドリフト手術(切らないフェイスリフト)のアフターフォロー

当日のサウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。
洗顔・入浴は翌日から可能です。化粧は翌日から可能ですが患部は強くこすらないで下さい。

歯科治療、フェイスマッサージは、術後一ヶ月はお控えください。
糸が組織に固定されるまでの数日間は、お顔をあまり動かさないよう気を付けて下さい。糸が固定されるまでにお顔を大きく動かしたりしますと、組織に引っかかっている糸が外れて引き上げる効果が少なくなることがあります。

スレッドリフト手術(切らないフェイスリフト)の詳細情報

施術時間 30分程度
施術後の通院 術後翌日、1週間目に傷のチェック、1〜2か月後に経過チェック
腫れについて 術後2週間程で内出血の色やおおまかな腫れが退く。
カウンセリング当日治療 不可
入院の必要性 必要
麻酔 局所麻酔
笑気、静脈麻酔を併用することも可能です。

リスク(合併症・副作用 等)

感染
細菌やウイルス等による炎症。
血腫
術後、皮下や臓器からの出血が起こり、血液が貯留することです。
出血
術後やや多い量の出血を見ることです。
内出血
術後概ね起こる皮下の血液の組織への浸透で、自然に吸収されます。
瘢痕(創跡)
全ての皮膚切開創は、多少の傷跡が残ります。肌質的に目立つ人もいます。
肥厚性瘢痕(ケロイド)
傷跡の中でも、膨らみや硬さが強いものです。原因は、遺伝性のため術前には防御することができません。ただし、治療法がございます。
色素沈着
瘢痕の一つですが、色素(メラニン)の沈着が主な原因です。
アレルギー
薬剤が原因のものが多いのですが、金属やテープ等でも発症することがあります。
予定形態との差
なるべく患者さまの意見はとりいれるようにしますが、完全な表現は無理がある場合があります。
微妙な左右不対称
人間の体は左右不対称であるため、手術後にも左右不対称は起こりえます。

感染

細菌やウイルス等による炎症。

血腫

術後、皮下や臓器からの出血が起こり、血液が貯留することです。

出血

術後やや多い量の出血を見ることです。

内出血

術後概ね起こる皮下の血液の組織への浸透で、自然に吸収されます。

色素沈着

刺入点に、色素(メラニン)の沈着が起こることがあります。

アレルギー

薬剤が原因のものが多いのですが、糸やテープ等でも発症することがあります。

予定形態との差

なるべく患者さまの意見はとりいれるようにしますが、完全な表現は無理がある場合があります。

微妙な左右不対称

人間の体は左右不対称であるため、手術後にも左右不対称は起こりえます。

凹凸感、皮下の硬結

糸刺入部の凹み感、凹凸

糸の露出

糸が挿入部から露出することがあります。

スレッドリフト(切らないフェイスリフト)の手術費用

項目 マイルドプラン スタンダードルプラン ストロングプラン
使用する糸 テスリフトソフト 6本 テスリフトソフト 4本
アンカーショート 4本
アンカーMAX 4本
テスリフトソフト 4本
アンカーショート 6本
アンカーMAX 8本
料金 25万円
【モニター】20万円
55万円
【モニター】40万円
75万円
【モニター】60万円

スレッドリフト(切らないフェイスリフト)手術の実際

1.スレッドリフト(切らないフェイスリフト)のカウンセリング、施術部位のマーキング

医師とのカウンセリングで、気になる症状や部位をお伺いします。お顔のリフトアップの位置を決め、スレッドリフト(切らないフェイスリフト)施術部位に印をつけます。

スレッドリフト(切らないフェイスリフト)での施術位置のマーキング

2.麻酔

局所麻酔を行います。痛みに弱い方は笑気・静脈麻酔もご用意しています。(別途費用)

スレッドリフト(切らないフェイスリフト)での麻酔の様子

3.スレッドリフト(切らないフェイスリフト)手術の糸の挿入

アンカーリフトの場合は、こめかみやもみ上げ、耳の裏の挿入部位からデザインに従って、糸を1本ずつ挿入していきます。
糸を十分に引っ張り、皮膚からはみ出た部位をカットします。
糸を挿入したときに出来た小さな針穴にテープを貼って保護します。
ショッピングリフトの場合は、頬部から数カ所刺入していきます。

スレッドリフト(切らないフェイスリフト)手術でのアンカーリフトは、30分ほど圧迫し終了です。

スレッドリフト(切らないフェイスリフト)手術の様子

症例 1

スレッドリフト(切らないフェイスリフト)手術の術前術後 症例1

リスク(合併症・副作用等)
感染、血腫、瘢痕、 色素沈着、皮膚の凹凸感、糸の露出、左右差

この症例の費用:40万円

顔皮膚のたるみの軽減のため、吸収糸によるリフトを行いました。

症例 2

スレッドリフト(切らないフェイスリフト)手術の術前術後 症例2

リスク(合併症・副作用等)
感染、血腫、瘢痕、 色素沈着、皮膚の凹凸感、糸の露出、左右差

この症例の費用:50万円

中顔面のたるみの改善を求め、吸収糸による糸リフトを行いました。特に中顔面の皮膚のタイトニングが目的でした。

酒井形成外科で使用しているスレッドリフト(切らないフェイスリフト)手術での糸の種類

【アンカーリフトで使用している糸】

テスリフトソフト(TESS LIFT SOFT)

テスリフトソフト(TESSLIFT SOFT)は、POD素材(医療用の体内で溶ける素材)で、組織をしっかりと引き上げるためのバーブと3Dメッシュが一体化しています。
お顔のリフトアップや弛み改善に使用する糸です。
テスリフトソフト(TESSLIFT SOFT)は、超強力なバーブ(かえし)と3Dメッシュが一体化した特殊糸です。
3Dメッシュの中に組織が入り込み、2週間後にはしっかりとなじみ、お顔のリフトアップ力が安定します。
この糸(テスリフトソフト)は、約1年で吸収されますが、3Dメッシュに絡んだ組織によりお顔のリフトアップ効果は暫く続きます。
テスリフトソフトを挿入した周りには、コラーゲンやエラスチンの生成促進効果もありますので、お顔の弛みの改善効果以外にも、肌にハリを出す美肌効果もあります。

テスリフトソフトの構造|スレッドリフト(切らないフェイスリフト)手術で使用している糸

アンカーショート(LFL Anchor)

アンカーショートとは従来品より太さがあり、皮下組織へひっかかりやすいように多方向のコグ(かえし)が鋳型で作られた特殊形状の糸です。また、保持力が強い成形法により作られています。
しっかりとお顔のリフトアップを図ることで弛みを改善します。

アンカーリフトは、180日~240日で体内に吸収されます。

アンカーショートの糸が体内に吸収された後は、コラーゲンの生成が誘導され肌にハリが生まれます。
お顔の弛み予防効果も期待でき、皮膚の毛穴も目立ちにくくなります。

アンカーの構造|スレッドリフト(切らないフェイスリフト)手術で使用している糸

アンカーMAX (LFL Anchor MAX)

従来のアンカーリフトと比較して、コーンが2倍以上の数、互いに引き合う3D構造で付いていることでたるみを強力に引き上げます。
また、コーンのサイズが大きくなったことで、糸自体が体内で吸収された後もコラーゲンの生成が続き、コラーゲンの生成期間が約20%UPするためハリのある美肌へと導きます。

アンカーMAXは、「PCL」(ポリカプロラクトン)という持続性が高く、1年半から2年かけて糸が吸収・分解されていき、その後もコラーゲン生成が促進されるので長期間に渡り、お顔の肌のリフティングと美肌効果が期待されることが特徴です。またコーンの側面にコグ(かえし)を配置したことで、弛んだ皮膚を4方向から強力に引き上げます。

また、アンカーMAXは、皮下組織を刺激する面積が大きいため、皮膚を再生するコラーゲン生成もより増大し、ハリのある美しい肌へと導きます。
糸に柔軟性があるので引き攣れにくく、より自然なお顔のリフトアップが実感しやすい糸です。

アンカーMAX|スレッドリフト(切らないフェイスリフト)手術で使用している糸

【ショッピングリフトで使用している糸】

ショッピングリフト

ショッピングリフトとは、極細の糸で「PDO(ポリジオキサノン)」という医療素材でできています。

PDOは、一般的な手術に用いられる非常に安全性の高い材質になります。180日~240日間、体内に残り、その後、徐々に体内に吸収されてなくなります。溶ける糸なので人体に異物として残らないのも特徴です。
部位や症状により異なりますが、数十本から100本程度の糸を挿入することで、お顔の弛みを支える土台をつくります。

皮膚に針を挿入すると微細な傷ができますが、人体にはそれを治そうとする治癒力(創傷治癒)が生じます。さらにこのショッピングリフトの糸の刺激に反応して血行促進されることで、コラーゲン線維が増えていきます。
挿入された糸は、長時間(糸が完全になくなるまでの期間)血管や真皮層を刺激し続け、コラーゲン生成が促進されます。これにより、お顔のリフトアップとタイトニング(引締め)、肌質対策にも有用です。

テスリフトソフトを組み合わせた、糸によるリフトアップ効果と、ハリ・弾力アップ効果の実現を同時に目指せる基本のプランです。