酒井形成外科 診察予約

 

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取りとは

加齢に伴い下眼瞼部も老化変化が現れます。眼窩内脂肪の下方移動は「目袋」となって下眼瞼のたれ込みを現します。また同時に余剰皮膚も重なりしわしわ感が顕著となるのです。下眼瞼部はフェイスリフトを行っても若返り効果が出にくい場所です。
この部位の皮膚の弛みと目袋を改善するための特殊な手術法があります。

眼瞼頬部たるみじわ 鼻頬部ためみじわ ミッドチークライン 法令線

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り手術の概要

下眼瞼縁の睫毛の際に沿って皮膚に切開を入れます。まず表皮を眼輪筋上で剥離し皮弁を形成します。続いて眼輪筋を剥離し、3枚に分離します。眼輪筋下に存在する眼窩内脂肪を適量切除します。
眼輪筋は、上方外側方向に伸展させながら眼窩骨の外側の骨膜に固定し、ピンと伸びるようにします。その上に下眼瞼皮膚を、同様に上外側に伸ばし、余剰分を切除して下眼瞼に縫合します。

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取りの欠点と利点

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取りのメリット

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみを取ることで、若い頃のすっきりとした感じになります。

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取りのデメリット

眼輪筋や皮膚の切除量が多すぎると「あかんべー」変形が起こることです。
また、傷跡が目立ちやすいため丁寧な縫合を要します。

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り手術の手術時間と術後経過

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り手術は、両側で2時間程度です。
抜糸は、術後1週間目に行います。
下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り手術での腫れは、1〜2週間程度大きく腫れ、内出血の色が出ます。
手術後2〜3週間程度は、やや下眼瞼(下まぶた)が下がることがありますが、1か月後くらいには改善します。
また、術後2か月は皮膚がやや硬い感じと黒ずみ感がありますが、これも時間とともに改善します。おおよそ、3か月で傷痕や瞼の黒ずみもほぼ完全に無くなります。
抜糸後は、お化粧でカモフラージュしていきましょう。

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り手術のアフターフォロー

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り手術の術後1時間ほどお休みになった後ご帰宅できます。
手術当日は、目が腫れますので、眼鏡か薄めのサングラスをご持参下さい。
下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り手術後2〜3日間は、シリコンゲルシートやテープを貼って頂くことがあります。
軽い洗顔、洗髪、シャワー浴は、手術の翌日から可能になります。
抜糸までは、洗顔後に点眼薬で傷の消毒をします。
抜糸は、術後1週間目に行います。その後は、お化粧も可能です。
下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り手術では、腫れや赤み、黒ずみが出ますので暫く我慢して下さい。
術後の通院は、翌日に傷のチェック、2〜3週間目に術後のチェック、術後2〜4か月後にデザインチェックがあります。

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り手術の詳細情報

施術時間 2時間程度
施術後の通院 翌日傷のチェック。1週間で抜糸。術後2〜3週間後と2〜4か月後にデザインチェック
腫れについて 2〜4週間で内出血班や腫れある程度ひきます。傷が硬さをおびますが2〜3ヶ月で柔らかくなってきます。傷跡は最初赤みをおびていますが、3〜6ヶ月程度でややくすんだ茶色の色素沈着が認められます。これも1年程度経過すると肌色になり、傷跡が目立たなくなります
カウンセリング当日治療 基本的に不可ですが、主治医との相談によって手術が可能なこともあります
入院の必要性 不要
麻酔 局所麻酔

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取りの手術費用

項目 金額
(消費税別)
下まぶたたるみ取り(目袋除去 : 上頬部の脂肪注入を含む)両側 50万円
下眼瞼下の陥凹変形(脂肪注入)1回・両側 15万円
美容的要素のあるものは自費になります。

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取りの症例

上まぶたの脂肪は、年齢と共に眼球の裏を通って下まぶたの所に移動してきます。これに伴い、下まぶたは半月を描くように弛んだ、あるいは膨らんだ様相を呈してきます。
これは眼瞼(がんけん)の皮膚が眼球の動きや、まばたきの動きを妨げないように軟らかく、薄くできているため、眼輪筋(がんりんきん)が弱まるとすぐ、脂肪の脱出につながるのが理由です。

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取りの矯正手術は、下眼瞼の際(まつ毛の生え際の直下)に切開を入れ、下眼瞼皮膚と眼輪筋を3枚におろし、余分な脂肪を切除しながら眼輪筋は外側へ、皮膚は上方へ別々に引き上げることです。
上まぶたの脂肪は、年齢と共に眼球の裏を通って下まぶたの所に移動してきます。下まぶたは半月を描くように弛んだ、あるいは膨らんだようになっていきます

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り 症例1

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り 術前

下眼瞼の弛みは、加齢性変化でいたしかたないとはいえ、多くの方の悩みとなっているようです。
よく「ゴルゴライン」などと揚言される、ミッドチークラインバギーアイリッド(弛んだ下まぶた)が、加齢感を増長させています。
眼窩内脂肪(がんかないしぼう)も上方から下方へ目の裏を通って移動するため、下まぶたには目袋と称する膨らみ(ティアトロフ)も出てきます。

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り 術前 ミッドチークライン バギーアイリッド 下垂した眼窩内脂肪(ティアトロフ)

術前

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り 術前 症例 右目

術前 右目

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り 術前 症例 左目

術前 左目


下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取りのデザイン

下眼瞼の睫毛の生え際を切開し皮下を広く剥離(はくり)し、その下にある眼輪筋(がんりんきん)を剥離したのち筋弁(きんべん)として眼窩骨(がんかこつ)の外側(リム)の骨膜に固定します。余剰皮膚は、必要最低限切除します。これにより下まぶたのしわや弛みが改善していきます。

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り デザイン

デザイン

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り デザイン

デザイン


下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り 術直後
開眼時
下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り 術直後 症例

術直後

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り 術直1年目

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り手術の傷跡は、殆ど消失しています。皮膚の弛みや膨らみは改善されています。
外眼角(目尻)で余った皮膚を切除しますので、多少の傷跡が生じることがあります。しかし、この部位では目尻のシワがあるため、気にならないことが多いと感じます。

閉眼時
下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り 術直1年目 症例

術後1年目

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り 術後1年目 右目 症例

術後1年目 右目

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り 術後1年目 右目 症例

術後1年目 左目


目袋の膨らみ(ティアトロフ)の矯正 症例2

目袋の膨らみ(ティアトロフ)の矯正の術前

加齢性の変化の修正です。特に目袋の膨らみ(ティアトロフ)の矯正を行いました。

目袋の膨らみ(ティアトロフ)の矯正 術前 症例

術前

目袋の膨らみ(ティアトロフ)の矯正 術前 症例 右目

術前 右目

目袋の膨らみ(ティアトロフ)の矯正 術前 症例 左目

術前 左目


目袋の膨らみ(ティアトロフ)の矯正の術後
目袋の膨らみ(ティアトロフ)の矯正の術後 症例

術後1年目

目袋の膨らみ(ティアトロフ)の矯正 術前 症例 右目

術前

目袋の膨らみ(ティアトロフ)の矯正 術後1年目 症例 左目

術後1年目


リスク(合併症・副作用 等)

感染
細菌やウイルス等による炎症。
血腫
術後、皮下や臓器からの出血が起こり、血液が貯留することです。
出血
術後やや多い量の出血を見ることです。
内出血
術後概ね起こる皮下の血液の組織への浸透で、自然に吸収されます。
瘢痕(創跡)
全ての皮膚切開創は、多少の傷跡が残ります。肌質的に目立つ人もいます。
肥厚性瘢痕(ケロイド)
傷跡の中でも、膨らみや硬さが強いものです。原因は、遺伝性のため術前には防御することができません。ただし、治療法がございます。
色素沈着
瘢痕の一つですが、色素(メラニン)の沈着が主な原因です。
アレルギー
薬剤が原因のものが多いのですが、金属やテープ等でも発症することがあります。
予定形態との差
なるべく患者さまの意見はとりいれるようにしますが、完全な表現は無理がある場合があります。
微妙な左右不対称
人間の体は左右不対称であるため、手術後にも左右不対称は起こりえます。

下眼瞼外反症
あかんべー変形

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り手術の実際

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取り手術のポイント

  • 眼瞼皮膚(がんけんひふ)だけでなく眼輪筋を剥離(はくり)し、異なった方向に引き上げ矯正する。この際、眼輪筋の余乗皮膚の部分で「涙ぶくろ」を構成したりする
  • 眼窩内脂肪(がんかないしぼう)を摘出する場合は、止血を十分行う
  • 眼窩内脂肪(がんかないしぼう)は、極力切除しない
  • 眼輪筋や眼窩内脂肪を切除しすぎると、後年目の落ち窪みが目立つ
  • 眼輪筋の余乗皮膚の切除の際、患者さまを立位とし、口を大きく開けてもらい「アッカンベー」変形になってないことを確認する

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取りでの切開

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取りでの切開は、下まつげに影響が無いように注意しながら、際を狙います。

眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取りでの切開

皮膚、眼輪筋の剥離と筋、眼窩内脂肪の切除

切開した下まぶたの皮膚を十分剥離し、必要に応じて眼輪筋(がんりんきん))を切除します。必要に応じて、組織の補強や涙ふくろの構成に利用します。

皮膚、眼輪筋の剥離と筋、眼窩内脂肪の切除

必要に応じて、眼窩内脂肪(がんかないしぼう)を除去します。出血には十分注意が必要です。

眼窩内脂肪の除去

眼輪筋の余剰皮膚の切除

眼輪筋の余剰皮膚の切除では、いきなり皮膚を切らず、まずは仮縫いとします。眼輪筋の余剰皮膚の切り過ぎは禁物ですから、慎重に進めます。

眼輪筋の余剰皮膚の切除と仮縫い

眼輪筋の余剰皮膚の切除前の仮縫い


眼輪筋余剰皮膚の仮縫合後、患者さまを起こし大きく口を開けてもらい、「アカンベー状態」となっていないことを確認します。

アカンベー状態

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取りでの皮膚縫合

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取りでの縫合したところ(術直後)です。

開眼時

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取りでの皮膚縫合 術直後 開眼時 症例

術直後

閉眼時

下眼瞼(下まぶた)のしわ・弛み・ふくらみ取りでの皮膚縫合 術直後 閉眼時 症例

術直後


休診日
2018年 11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2018年 12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
ピンクが休診日です