酒井形成外科 診察予約

 

切開式二重まぶた

切開式二重まぶたの手術の概要

二重まぶたの例

切開式二重まぶたは、若い頃のすっきりしたまぶたを取り戻したい、まぶたのしわや弛みを取り除きたい、今のまぶたに満足していない、埋没式二重まぶたでは得られなかった、完成度の高い二重まぶたを手に入れたいと思っている方にお勧めできる美容外科の手術です。

二重まぶた切開法は、上まぶたを切開し、不要な組織を切除し、二重まぶたをつくります。
余分な脂肪や皮膚をとり、丁寧に縫合します。
二重まぶたのラインや幅は、患者さまと十分カウンセリングして決めます。


切開式二重まぶたの欠点と利点

切開式二重まぶたのメリット

切開式二重まぶたは、埋没式二重まぶた(二重まぶた埋没法)のように自然に取れてしまうことは希です。
弛んでしまった瞼や、厚ぼったい瞼にも対応できます。眼瞼下垂(がんけんかすい)が存在する場合や、パッチリした感じを表現する場合には、挙筋短縮法(きょきんたんしゅくほう)を同時に施術することによって対応が可能です。
また、目頭切開(めがしらせっかい)(内眼角形成術)と組み合わせると、目を大きく変化させることができます。

切開式二重まぶたのデメリット

切開式二重まぶたは、修正が困難なことが先ず挙げられます。デザインが落ち着いた頃にもう少し大きくするという修正は可能ですが、小さくすることは、時間が経過した症例以外不可能になりますので、注意が必要になります。
腫れが落ち着くまでやや時間がかかり、大きな二重まぶたな感じを暫く我慢しなければなりません。

切開式二重まぶた手術の手術時間と術後経過

切開式二重まぶたの手術は、デザインの時間を含め90分程度です。

抜糸は、切開式二重まぶたの術後1週間後に行います。術後2週間程で、内出血の色や大まかな腫れがひいてきます。
腫れがとりあえず落ち着いたと感じられるまでには、1〜2ヶ月が必要です。

目を閉じた時、切開の痕が赤黒く線状に認められる期間がありますが、自然な状態になるまでには、6ヶ月程度も要することがあります。

二重まぶた切開法の手術後は、腫れが早く退くよう暫く冷やします

二重まぶた切開法の手術後は、腫れが早く退くよう暫く冷やします


切開式二重まぶた手術のアフターフォロー

切開式二重まぶたの術後1時間ほど冷やしながらお休みいただいた後、帰宅できます。
術後1日だけ、傷の上に小さなガーゼをあてテープで固定します。
切開式二重まぶたの手術日は、眼鏡または薄めのサングラスをご用意下さい。

洗顔洗髪は、切開式二重まぶたの手術翌日から可能です。洗顔後は、1日数回、処方された消毒液、点眼薬、眼軟膏で傷の処置をして下さい。
術後翌日に傷のチェックをいたします。
抜糸は、手術の1週間後に行います。

切開式二重まぶたの手術では、術後1〜2ヶ月後に状態観察、3ヶ月後にデザインチェックをいたします。やや大きめの腫れた感じのふたえの状態が少々続きますが、あわてずに落ち着くのを待ちましょう。

お化粧は、抜糸後すぐに行っても構いません。
コンタクトレンズのご使用は抜糸後から可能ですが、一度装着してみて問題がなければ続けてご使用ください。

切開式二重まぶた手術後の傷痕等の回復の例をあげますので、参考にしてみてください

切開式二重まぶた手術の術前

開眼
切開式二重まぶた手術の術前 開眼 症例

術前

閉眼
切開式二重まぶた手術の術前 閉眼 症例

術前


切開式二重まぶた手術の術後1ヶ月

切開式二重まぶた手術の術後1カ月では、傷痕にまだ赤みが強い状態です。表情もまだ硬く、不自然な感があります。

開眼
切開式二重まぶた 術後1ヶ月 開眼 症例

術後

閉眼
切開式二重まぶた 術後1ヶ月 閉眼 症例

術後


切開式二重まぶた手術の術後3ヶ月

切開式二重まぶた手術の術後3カ月では、傷痕の赤みも薄くなって目立たなくなります。

開眼
切開式二重まぶた 術後3ヶ月 開眼 症例

術後

閉眼
切開式二重まぶた 術後3ヶ月 閉眼 症例

術後


切開式二重まぶた手術の詳細情報

施術時間 90分程度
施術後の通院 翌日傷のチェック。1週間で抜糸。1〜2ヶ月後に状態観察、3ヶ月後にデザインチェック
腫れについて 術後2週間程で内出血の色やおおまかな腫れが退く。落ち着くまでは1〜2ヶ月。傷の赤みが取れるのに6ヶ月
カウンセリング当日治療 基本的に不可。感染症の血液検査結果があれば可能
入院の必要性 不要
麻酔 局所麻酔

切開式二重まぶたの手術費用

項目 金額
(消費税別)
二重まぶた 切開法(両側) 30万円
切開法他院修正(両側) 40万円
美容的要素のあるものは自費になります。

切開式二重まぶたの手術経過

症例1 他院での切開式二重まぶたを修正

他院での切開式二重まぶた手術の術後の修正を希望した患者さまです。ふたえの幅(重瞼幅)の左右差と右側のふたえ(重瞼)が三重瞼になっていることが気になることです。
また、閉眼時の傷跡も目立たなくしたいと考えていました。

修正前
開眼時
他院での切開式二重まぶたを修正 術前 開眼 症例

術前

陥凹した幅のある浅い傷跡が存在しています

閉眼時
他院での切開式二重まぶたを修正 術前 閉眼 症例

術前

他院での切開式二重まぶたの修正直後

切開式二重まぶたの手術直後の状態です。麻酔の影響も強く、とても腫れて見えます。

開眼時
他院での切開式二重まぶたを修正 術直後 開眼 症例

術直後

針跡が少量残ります。時に内出血の紫青色が現れることがあります。

閉眼時
他院での切開式二重まぶたを修正 術直後 閉眼 症例

術直後

切開式二重まぶたの修正 術後7日目

切開式二重まぶたの術後7日目の状態です。抜糸は、この時に行います。

開眼時
他院での切開式二重まぶたを修正 術後7日目 開眼 症例

術後7日目

閉眼時
他院での切開式二重まぶたを修正 術後7日目 閉眼 症例

術後7日目

切開式二重まぶたの修正 術後2ヶ月目

開眼時では傷跡が見えないため、概ね落ち着いた感じがします。

開眼時
他院での切開式二重まぶたを修正 術後2ヶ月目 開眼 症例

術後2ヶ月目

閉眼時には傷跡が見えますので、赤みと硬さが感じられます。
特に内眼角(目頭)部は傷跡が残りやすい場所です。

閉眼時
他院での切開式二重まぶたを修正 術後2ヶ月目 閉眼 症例

術後2ヶ月目

切開式二重まぶたの修正 術後1年目

左右差が軽減し、右側の3重瞼も改善しました。目元もはっきりしてきました。

開眼時
他院での切開式二重まぶたを修正 術後1年目 開眼 症例

術後1年目

傷跡の凹凸感は軽減し自然な眼瞼になりました。目頭部には僅かに傷跡が見るようです。

閉眼時
他院での切開式二重まぶたを修正 術後1年目 閉眼 症例

術後1年目

症例2 左側が奥二重の重瞼

この患者さまの場合は、両側ともやや大きめのふたえを希望しされました。左側のふたえは奥二重化していました。

左側が奥二重の重瞼 切開式二重まぶた 術前 開眼 症例

術前

切開式二重まぶたのデザイン

切開式二重まぶたの術前のデザインです。余剰皮膚と必要な眼輪筋の切除がポイントです。

左側が奥二重の重瞼 切開式二重まぶた デザイン

デザイン

切開式二重まぶたの手術直後の状態

腫れは、麻酔等のため顕著かもしれません。

開眼時

左側が奥二重の重瞼 切開式二重まぶた 術直後 開眼 症例

術直後

切開式二重まぶたの手術での丁寧な縫合は、術後の傷痕を綺麗にするために重要です。

閉眼時

左側が奥二重の重瞼 切開式二重まぶた 術直後 閉眼 症例

術直後

切開式二重まぶたの手術 術後6ヶ月

傷痕は術後6ヶ月頃になると、全体的になかり落ち着いてきます。若干の左右差が起こります。ただ、自然な状態では左右全く対象ということの方が希です。

開眼時

左側が奥二重の重瞼 切開式二重まぶた 術後6ヶ月 開眼 症例

術後6ヶ月

まだ完全とはいえませんが、切開式二重まぶたの傷跡はかなり落ち着いてきました。

閉眼時

左側が奥二重の重瞼 切開式二重まぶた 術後6ヶ月 閉眼 症例

術後6ヶ月

リスク(合併症・副作用 等)

感染
細菌やウイルス等による炎症。
血腫
術後、皮下や臓器からの出血が起こり、血液が貯留することです。
出血
術後やや多い量の出血を見ることです。
内出血
術後概ね起こる皮下の血液の組織への浸透で、自然に吸収されます。
瘢痕(創跡)
全ての皮膚切開創は、多少の傷跡が残ります。肌質的に目立つ人もいます。
肥厚性瘢痕(ケロイド)
傷跡の中でも、膨らみや硬さが強いものです。原因は、遺伝性のため術前には防御することができません。ただし、治療法がございます。
色素沈着
瘢痕の一つですが、色素(メラニン)の沈着が主な原因です。
アレルギー
薬剤が原因のものが多いのですが、金属やテープ等でも発症することがあります。
予定形態との差
なるべく患者さまの意見はとりいれるようにしますが、完全な表現は無理がある場合があります。
微妙な左右不対称
人間の体は左右不対称であるため、手術後にも左右不対称は起こりえます。

重瞼線の消失、曖昧化

眼瞼外反症

重瞼幅の大きさの不適当

眼瞼下垂

閉眼機能障害

切開式二重まぶた手術の実際

切開式二重まぶた手術のポイント

  • 瞼線の設定
  • 眼瞼皮膚の切開または少量切除
  • 眼輪筋の少量切除
  • 眼窩内脂肪の少量切除または切除無し
  • 重瞼線上での皮膚と挙筋腱膜の内固定

切開式二重まぶた手術の術前

開眼
切開式二重まぶた手術 術前症例 開眼

術前

閉眼
切開式二重まぶた手術 術前症例 閉眼

術前


切開式二重まぶた手術のデザイン

切開式二重まぶた手術のデザインは、患者さまの希望や主治医のアドバイスにより、二重まぶたの巾や位置が決まります。
上まぶたの垂れ込み具合、特にまつ毛の際でまつ毛に覆い被さるような上まぶたの垂れがある場合は、少量の皮膚切除をデザインします。日本人の場合は、殆どの方がこの皮膚切除を行うことが、綺麗なふたえを作るのに大切なポイントになります。

切開式二重まぶた デザイン

デザイン


切開式二重まぶた デザイン

皮膚切開(皮膚切開量の少なめの方)

切開式二重まぶた手術の術前にデザインした切開予定ラインに沿って丁寧に切開していきます。

切開式二重まぶた手術 術前にデザインした切開予定ラインに沿って丁寧に切開

切開した部分を切り取ります。

切開式二重まぶた手術 切開した部分を切り取り

皮下切除、瞼板前組織の切除(皮膚切除量の多めの方)

厚ぼったい瞼の方、くっきりしたふたえを希望の方では瞼板(けんばんまえ)前の眼輪筋(がんりんきん)や軟部組織、瞼板前組織も切除します。
もともと薄い瞼の方や柔らかいふたえの表現を希望の方では、瞼板前組織(けんばんまえそしき)の切除を控えます。

瞼板前の眼輪筋の切除時に場合によっては、眼窩内脂肪(がんかないしぼう)をわずかに切除したりROOFを薄くしたりすることがあります。

切開式二重まぶた手術 くっきりしたふたえを希望の場合 瞼板前組織も切除

次に、瞼板前組織、眼輪筋の一部を切除します。
患者さまによっては、眼窩内脂肪の一部やROOFの一部を切除することもあります。

切開式二重まぶた手術 瞼板前組織、眼輪筋の一部を切除

眼窩内脂肪の一部やROOFの一部を切除する場合は、眼窩内出血に注意し止血を行ないます。

切開式二重まぶた手術 眼窩内出血に注意し止血を行なう

切開式二重まぶたでの形成外科的特殊縫合

縫合の美しさが、その後の二重まぶたの自然さにつながります。
皮膚をきちんと縫い合わせるために、顕微鏡またはルーペ(マイクロサージェリー)を使用して丁寧に縫合していきます。

開眼
切開式二重まぶた 術直後 開眼 症例

術直後

閉眼
切開式二重まぶた 術直後 閉眼 症例

術直後


切開式二重まぶたと同時に行うことのある手術

切開式二重まぶたの手術の際に、下記のような手術を同時に行うこともできます。

上まぶたの弛み取りを同時に行う場合
眉毛の上の生え際からおでこに向かって皮膚を切除し、眉毛と共に上まぶたの弛みを矯正
眉毛の下の生え際から上まぶたに向かって皮膚を切除し、上まぶたの弛みを矯正
眼瞼下垂がある場合
目を大きく変化させたい場合
休診日
2018年 11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2018年 12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
ピンクが休診日です