酒井形成外科 診察予約

 

ルフォー1型骨きり術とSSRO(下顎枝矢状分割術)手術

ルフォー1型骨きり術とSSRO(下顎枝矢状分割術)手術の概要

口元が出ていたり引っ込んで見えたりするのは、上顎と上の前歯が出ている(出っ歯)だったり、下の前歯が出ている(受け口)だったりします。見た目のコンプレックスだけでなく、奥歯の噛み合わせがまったく合っていない、咬合不全の場合があり、噛むことがうまくできない方もいらっしゃいます。
ルフォー1型骨きりでは上顎(上の歯並び)を前後ずらすことができます。多少の工夫をおこなうと、前歯の歯茎がヌッとでるガミースマイルの矯正にも一役買います。
また、SSROでは下顎(下の歯並び)を前後にずらすことができます。たとえば受け口の患者様では下の前歯を奥にずらして、一般の人の歯並びにすることができるわけです。
ルフォー1型骨きりでもSSROでも奥歯もずれますから、手術前に咬合を十分検討しなくてはなりません。また、術後に咬合を合わせていく矯正歯科の技術も大切になります。

ルフォー1型骨切り術とSSRO(下顎枝矢状分割術)の適応としては以下の症状があげられます。

1)受け口の修正
2)出っ歯の修正
3)魚口変形(口ポコ)の修正
4)上顎骨の湾曲変形
5)ガミースマイル
6)上顎の短縮

ルフォー1型骨きり術とSSRO(下顎枝矢状分割術)の適応と症例

受け口(しゃくれ顎)
下の前歯が出ている症例(受け口)
受け口の模式図

出っ歯・魚口(口ボコ)
顎と上の前歯が出ている症例(出っ歯)
出っ歯の模式図

上顎骨の湾曲変形
上顎骨の湾曲変形

ガミースマイル
ガミースマイル

ルフォー1型骨切り術とSSRO(下顎枝矢状分割術)の利点と欠点

ルフォー1型骨切り術とSSRO(下顎枝矢状分割術)のメリット

咬合を合わせながら上下顎の形態修正が可能である

ルフォー1型骨切り術とSSRO(下顎枝矢状分割術)のデメリット

これは、後日除去することがある。
術後に歯科矯正が必要で、調節には時間がかかることがある。
顎間固定が必要なことがあり、術後1ヶ月程度煩わしさがある。

ルフォー1型骨切り術とSSRO(下顎枝矢状分割術)の手術時間と術後の経過

全身麻酔下で2〜5時間程度。
手術後全身麻酔の覚醒後、静脈麻酔と鎮痛剤でフォロー。
術後は1日入院安静。(入院中は静脈麻酔と鎮静剤でフォロー)
手術次の日にドレーン抜去、包帯固定のまま退院。
包帯固定を退院から2〜3日、その後はフェイスバンド固定します。
包帯除去後から洗顔洗髪が可能、手術次の日からシャワー浴が可能。
顔の腫脹は2ヶ月程度で改善する。
口唇の腫れは2週間程度で改善する。
口腔内の違和感、下口唇の感覚鈍麻は6ヶ月程度続く。

ルフォー1型骨切り術とSSRO(下顎枝矢状分割術)のアフターフォロー

お食事は2週間程度柔らかいものを選択。
歯磨きは電動あるいは水歯ブラシを利用。
うがいの励行。
退院後はシャワー浴可。

ルフォー1型骨切り術とSSRO(下顎枝矢状分割術)の詳細情報

施術時間 2〜5時間
手術後の通院 術後2〜3日で包帯除去 : 術後2週間で診察後2ヶ月後診察
腫れと神経障害 顔の腫れ2ヶ月程度、口唇の腫れ2週間程度、口唇周囲の硬化は2ヶ月程度、口唇周囲の感覚鈍麻は6ヶ月程度。
カウンセリング当日手術 不可
入院の必要性 必須
麻酔 全身麻酔

リスク(合併症・副作用 等)

感染
細菌やウイルス等による炎症。
血腫
術後、皮下や臓器からの出血が起こり、血液が貯留することです。
出血
術後やや多い量の出血を見ることです。
内出血
術後概ね起こる皮下の血液の組織への浸透で、自然に吸収されます。
瘢痕(創跡)
全ての皮膚切開創は、多少の傷跡が残ります。肌質的に目立つ人もいます。
肥厚性瘢痕(ケロイド)
傷跡の中でも、膨らみや硬さが強いものです。原因は、遺伝性のため術前には防御することができません。ただし、治療法がございます。
色素沈着
瘢痕の一つですが、色素(メラニン)の沈着が主な原因です。
アレルギー
薬剤が原因のものが多いのですが、金属やテープ等でも発症することがあります。
予定形態との差
なるべく患者さまの意見はとりいれるようにしますが、完全な表現は無理がある場合があります。
微妙な左右不対称
人間の体は左右不対称であるため、手術後にも左右不対称は起こりえます。

内出血
口唇周囲下顎部や頸部に紫青色痣がでてくるが3週間程度で吸収される。
口唇の傷
口腔内の切開を利用するが、振動する器具より口唇に創ができることがある。
頤神経麻痺
神経は温存させるが、刺激が入った場合、頤神経が一時的に麻痺になる。ごく稀に、神経が切断されることがある、神経再接着を行うが、神経麻痺症状が長引くことがある。

              

ルフォー1型骨きりの手術の実際

ルフォー1型骨切り術

ルフォー1型骨切り術 | 上顎と上歯槽骨の間の骨切りを行う1
ルフォー1型骨切り術 | 上顎と上歯槽骨の間の骨切りを行う2

上顎と上歯槽骨の間の骨切りを行う

切った上歯槽骨を奥に移動して上の歯列を奥に移動する

ルフォー1型骨切り術 | 切った上歯槽骨を奥に移動して上の歯列を奥に移動する

切った上歯槽骨を手前に移動して上の歯列を前に移動する

ルフォー1型骨切り術 | 切った上歯槽骨を手前に移動して上の歯列を前に移動する

              
                

SSRO(Sagittal Split Ramus Osteotomy)下顎枝矢状分割術

ボーンソウ(電動骨切り機)にて骨をはがし分割するように(スプリット)下顎骨を切り、骨ノミ(コツノミ)で分離させる。

SSRO(Sagittal Split Ramus Osteotomy)下顎枝矢状分割術 | ボーンソウ(電動骨切り機)にて骨をはがし分割するように(スプリット)下顎骨を切り、コツのみで分離させる。

骨切りのデザイン


分離した歯槽骨を含む下顎骨片を前方に移動し、プレートで固定する

SSRO | 分離した歯槽骨を含む下顎骨片を前方に移動
SSRO | プレートで固定する

今度は、分離した歯槽骨を含む下顎骨片を後方に移動し、プレートで更に固定する

SSRO | 分離した歯槽骨を含む下顎骨片を後方に移動
SSRO | プレートで固定する

下顎骨切り術

ルフォー1型骨きり術とSSRO(下顎枝矢状分割術)

下顎が前に出ていて、上顎が凹んでいるような変形があり、かつ、奥歯の咬合が揃っていないような場合、奥歯の上下の咬合を合わせるようにしながら、上顎を前方に移動して、下顎を後方に移動する計画を立てます。

SSRO(Sagittal Split Ramus Osteotomy)下顎枝矢状分割術 | ボーンソウ(電動骨切り機)にて骨をはがし分割するように(スプリット)下顎骨を切り、コツのみで分離させる。

切開予定位置


ルフォー1型骨きり術とSSRO(下顎枝矢状分割術)を行い、上顎は少し前方、下顎は少し後方へ。

SSRO(Sagittal Split Ramus Osteotomy)下顎枝矢状分割術 | ボーンソウ(電動骨切り機)にて骨をはがし分割するように(スプリット)下顎骨を切り、コツのみで分離させる。

上顎は少し前方、下顎は少し後方へ


症例1 典型的な下顎前突の症例

典型的な下顎前突の症例 | 術前

術前

典型的な下顎前突の症例 | 術後

術後


典型的な下顎前突の症例 | 術前

術前

典型的な下顎前突の症例 | 術後

術後


典型的な下顎前突の症例 | 術前

術前

典型的な下顎前突の症例 | 術後

術後


咬合を合わせながら、ルフォー1型骨きり術とSSRO(下顎枝矢状分割術)を行いました。下顎前突(受け口変形)が綺麗に修正されています。もともと奇形(唇裂口蓋裂)のあった患者さまです。

手術費用

健康保険適応

リスク(合併症・副作用 等)

感染 出血・血腫、神経麻痺、予定形態と実際の形態との差、左右不対称、顎関節症、呼吸不全

ルフォー1型骨きり術とSSRO(下顎枝矢状分割術)の手術費用

項目 金額
(消費税込)
ルフォー1型骨切り術(上顎骨きり術) 1,650,000円
SSRO(下顎枝矢状分割術) 1,650,000円
ルフォー1型骨切り術(上顎骨きり術)+SSRO(下顎枝矢状分割術) 2,970,000円
美容的要素のあるものは自費になります。
休診日
2022年 08月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2022年 9月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
ピンクが休診日です