酒井形成外科 診察予約

 

上顎骨・下顎骨 分節骨切り術(セグメンタールオステオトミー)

上顎骨・下顎骨 分節骨切り術(セグメンタールオステオトミー)の概要

奥歯の咬合はぴったり合っているが、前歯が出ている(上顎突出)「出っ前突」状態を矯正したい場合、または、奥歯の咬合は合っているものの、受け口(下顎前突)の状態を矯正したい場合、上顎の分節骨切りあるいは下顎の分節骨切りを別々、または同時に行うことがあります。

奥歯の噛み合わせは良いわけですから、これを修正する必要はないので、前歯(門歯)のみの咬合を修正していきます。ルフォー1型骨切りとSSRO骨切りを行うよりかなり少ない骨切りで目的が達成されます。

上顎と下顎の犬歯を抜歯し、その幅で歯槽骨を切除し、ブロックとなった門歯を後方へずらし固定します。奥歯の咬合が合っている、受け口(下顎前突)や出っ歯(上顎前突)の矯正に適応します。

上顎骨・下顎骨 分節骨切り術の利点、欠点

上顎骨・下顎骨 分節骨切り術のメリット

奥歯の噛み合わせに変化がないため、咬合が合わせやすい。

上顎骨・下顎骨 分節骨切り術のデメリット

奥歯の噛み合わせも矯正したい場合には、この手術法では無理がある。前方への移動は困難である。
上顎の骨切りはやや出血が多い。

上顎骨・下顎骨 分節骨切り術の手術時間と術後の経過

全身麻酔下で3時間程度が必要です。
手術後しばらく出血がありますが、徐々に減少していき、ます。口腔内と鼻腔から若干の出血があり、これが自然のドレナージになります。手術後は静脈麻酔と鎮痛剤で痛みのコントロールを行います。
手術次の日の夕刻に退院できます。包帯は2〜3日で除去し、フェイスバンドで軽い圧迫を行う事があります。包帯を除去すると洗髪やシャワー浴が可能になります。口唇がかなり腫れることがありますが、10日ほどで改善してきます。
口腔内の違和感や口唇周囲の感覚鈍麻が現れますが、2〜3ヶ月で徐々に改善します。

上顎骨・下顎骨 分節骨切り術の手術時間と術後のアフターフォロー

お食事はしばらくは柔らかいものを選択します。歯磨きはできたら水歯ブラシを使用しましょう。
口腔内の清潔に留意し、よくうがいをします。退院後はシャワー浴は良いのですが、入浴で体を温め過ぎないようにします。

上顎骨・下顎骨 分節骨切り術の手術時間と術後の詳細情報

施術時間 3時間程度
施術後の通院 2週間目観察、2ヶ月後チェック、咬合チェック:随時
腫れについて 口唇の腫れは10〜14日程度 口唇周囲の硬さの改善は2ヶ月程度
カウンセリング当日治療 不可
入院の必要性 必須
麻酔 全身麻酔

上顎骨・下顎骨 分節骨切り術の合併症、副作用

感染
細菌やウイルス等による炎症。
血腫
術後、皮下や臓器からの出血が起こり、血液が貯留することです。
出血
術後やや多い量の出血を見ることです。
内出血
術後概ね起こる皮下の血液の組織への浸透で、自然に吸収されます。
瘢痕(創跡)
全ての皮膚切開創は、多少の傷跡が残ります。肌質的に目立つ人もいます。
肥厚性瘢痕(ケロイド)
傷跡の中でも、膨らみや硬さが強いものです。原因は、遺伝性のため術前には防御することができません。ただし、治療法がございます。
色素沈着
瘢痕の一つですが、色素(メラニン)の沈着が主な原因です。
アレルギー
薬剤が原因のものが多いのですが、金属やテープ等でも発症することがあります。
予定形態との差
なるべく患者さまの意見はとりいれるようにしますが、完全な表現は無理がある場合があります。
微妙な左右不対称
人間の体は左右不対称であるため、手術後にも左右不対称は起こりえます。

気道閉塞
主に血腫が気道周囲にたまり、気道を圧迫することによる。
瘢痕
口腔内の傷あとも白い瘢痕が目立つことがある。
神経麻痺
頤神経麻痺や歯茎周囲の感覚鈍麻やしびれ感。

                                 

上顎骨・下顎骨 分節骨切り術の手術費用

項目 金額
(消費税込)
上歯槽骨分節骨切り術 1,210,000円
下歯槽骨分節骨切り術 990,000円
上下顎セットバック術 1,870,000円
美容的要素のあるものは自費になります。

上顎骨・下顎骨 分節骨切り術の実際

口腔内の切開でおもに歯茎の骨の骨膜を剥離し、骨を露出し骨切除を行います。
先立って、上下左右の犬歯を抜歯しておきます。
上顎骨・下顎骨 分節骨切り術

切開予定線(上下左右の犬歯は抜歯)


下顎の分節骨切り術(主に受け口の矯正に効果を発揮します)

下顎の分節骨切り術

上顎の分節骨切り(主に出っ歯の矯正に効果を発揮します)

上顎の分節骨切り

症例1 典型的な下顎前突の症例

口元が前に出ている症例 | 術前

術前

口元が前に出ている症例 | 術後

術後


口元が前に出ている症例 | 術前

術前

口元が前に出ている症例 | 術後

術後


口元が前に出ている症例 | 術前

術前

口元が前に出ている症例 | 術後

術後


口元が上下とも前に突出した症例です。いわゆる魚口(口ボコ)の症状です。上下とも歯槽骨を骨切りして奥に移動しました。(セットバック術)

手術費用

健康保険適応

リスク(合併症・副作用 等)

感染 出血・血腫、神経麻痺、予定形態と実際の形態との差、左右不対称、顎関節症、呼吸不全

休診日
2022年 08月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2022年 9月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
ピンクが休診日です